女性用育毛剤

性別による髪質の差と個人によって違う髪質の差

更新日:

性別による髪質の差

女性用育毛剤や男性用育毛剤として

販売されている育毛剤はたくさんありますが、

このように性別によって分けられているのは

性別によって薄毛に機序が異なっていることや

髪質に違いがあることなどが理由としてあります。

女性の髪質

 

男性は女性に比べると

薄毛になりやすいと言われていますが、

これは男性ホルモンと呼ばれる

ホルモンの働きが

頭髪の生成を阻害することが理由だと言われており、

特に中年を超えてから起こる症状については顕著になっています。

 

 

男性ホルモンの働きが相対的に弱く、

なおかつ頭髪の生成を促すと言われている

女性ホルモンが

多く分泌されている女性になると

薄毛になるリスクについては小さくなっており、

これが男性と女性の薄毛の割合の違いに繋がります。

 

 

ただし、

男性でも女性ホルモンが分泌されていることや

反対に女性でも男性ホルモンは分泌されていることから

一概に言えない部分もあるので

その点には注意して頭髪のケアを進めていく必要があります。

 

 

育毛剤については

通販サイトなどの利用をすることで

便利に買うことができるようになっていて、

種類もたくさんあるので

事前に効果を比較して選んでいくことができるようになっています。

 

また、

自分の頭髪にきちんと適している育毛剤かどうかは

実際に使ってみないと分からない部分もあり、

特に女性用育毛剤は種類による成分の違いなどもかなり異なっているので

お試しなどを利用してから本格的な利用を考えていくとよいかもしれません。

 

個人によって違う髪質の差

中年になると男性は特に

AGAと呼ばれる薄毛の症状を発症する人が多くなると言われていますが、

すべての人に該当するわけではなく

年をとっても健康的な頭髪の状態のままでいる人もたくさんいます。

 

 

個人によって頭髪の質には違いがあるので、

このような個人差が出てくるのも当然ですが、

薄毛になる原因については

生活習慣やホルモンバランスの関係などさまざまな要因があるので

原因にあったケアをすることも大切です。

 

また、

女性の中にも薄毛の症状に対して悩みを持っているという人はたくさんいますが、

女性の場合は薄毛になる事に対しての精神的なダメージも大きくなりやすいことから、

これが原因になることでさらに薄毛の進行を助長してしまうことがあります。

 

 

個人によって薄毛のパターンは異なっていることから

症状にあわせてケアをするということも大切ですが、

女性用育毛剤を購入して使用する場合も

どのような成分が配合されているのか事前に把握しておく必要があります。

 

 

また、

女性用育毛剤に配合されている成分については

天然成分が主体になっていることが多いのですが、

どのような成分になっているのかインターネットを使うことで調べることもできます。

 

 

効果の程度についても当然ながら個人差があるので、

口コミなどを見て効果が高いという声があっても

それがそのまま自分の効果に直結するというわけではないので

使用する場合は人による効果の違いがあるということを前提に

使用を進める必要もあります。

女性 薄毛TOPへもどる

-女性用育毛剤

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 AllRights Reserved.