シャンプー ヘアケア 抜け毛対策 産後

女性ホルモンのバランスの乱れは薄毛を加速させる?

更新日:

女性ホルモンには、
エストロゲンのほか、
プロゲステロン(黄体ホルモン)という種類もあります。

エストロゲンは女性らしさを形成するホルモンで

女性らしい身体つきにする、
子宮を発達させる、
コレステロールの増加を抑える、
という働きがあります。

AG0482
先述した通り、
毛髪に影響を与えているのは主にエストロゲンで、
毛髪を発達させ、
毛髪の成長期を持続させる働きがあります。

つまり、
成長した毛髪を保存するという役目を果たしているというわけです。

一方、

プロゲステロンは妊娠を司るホルモンで、

排卵を抑制する、
体温を上昇させる、
身体に水分をため込む、
皮脂の分泌を高める、
細菌が入らないよう子宮口の粘液を増加させる、
といった働きを持っています。

ふさ子

こちらは薄毛への影響はほとんどないと考えられています。

この2種類の女性ホルモンは、
約28日周期で分泌量が変化し交互に優位に働きます。

 

horumon2-b
月経が始まって排卵までの約14日間はエストロゲンが優位に働き、
基礎体温が36.5℃以下に下がる低温期です。

排卵後から次の月経が始まるまでは、
プロゲステロンが優位に働き、
基礎体温が上昇する高温期です。

かみ先生

なぜこんな話をするかというと、
エストロゲンが優位な期間とプロゲステロンが優位な期間では、
肌の状態や血行、
躁うつ感などだけでなく、
頭皮の状態も変化しているからです。

薄毛の話からは少しそれますが、
それぞれの期間で頭皮にどんな変化が起こっているかも紹介しておきましょう。

低温期は、
「月経期」「月経後」、
高温期は「排卵期」「月経前」、
それぞれ2つ、
全部で4つの期間に分けることができます。

 

月経期

月経期は、
プロゲステロンが減少し、
エストロゲンが優位に働きます。

この期間は、
身体が冷えて血行が悪く、
皮脂量も少ないため、
肌や頭皮が乾燥し、
敏感肌になります。

b22ccb7a2189259c5affaf14b19c0baf
月経期は、
血管の収縮・弛緩を促進するエストロゲンの量がピーク時よりも減る時期なので、
血液の楯環が滞りがち。

ふさ子

この時期は、
顔ヨガや頭皮マッサージを入念に行うとよいでしょう。

「気持ちいい」と感じることで、
月経中のストレスも軽減されます。

 

ちなみに、
「生理中はパーマがかかりにくい」といわれますが、
これは全くの嘘。

 

毛髪は「死んだ細胞」なので、
女性ホルモンの影響は受けません。

ただ、
精神的に落ち込んだり、
イライラしたりする時期なので、
そう感じるのかもしれません。

 

月経後

月経後は、
エストロゲンの分泌が増加し、
ピークに達します。

肌や頭皮の水分量皮脂量のバランスが整っており、
一番状態がよい時期です。

かみ先生

頭皮の状態がよく、
パーマ液やカラーリング液などの刺激にも耐えられるため、
パーマやカラーリングに最適な時期といえるでしょう。

Curly hairstyle

エストロゲンがピークに達する排卵前がベストです。

 

排卵期

排卵期は、
エストロゲンが急激に減り、
プロゲステロンの分泌が急増します。

プロゲステロンの影響を受けて皮脂量が増え、
肌や頭皮がべたつきやすい時期です。

肌や頭皮の状態が不安定になってきますから、
この時期に入ったら、
シャンプー後は入念にトリートメントを行い、
パーマやカラーリングでいたんだ髪をケアしてあげましょう。

action_12

月経前

月経前は、
プロゲステロンがたくさん分泌されます。

妊娠に備えて子宮内膜を厚くするため、
身体に水分をため込み、
皮脂の分泌が高まります。

ふさ子

この時期に身体がむくんだり、
肌や頭皮がべたついたりするのは、
こうした理由です。

体調面も精神面も不安定な時期ですから、
頭皮と気持ちのリフレッシュを兼ねて、
頭皮オイルクレンジングやもみ出し洗いなどの

スペシャル頭皮ケアを行うとよいでしょう。

 

[char no=1 char="クマ2"]

ヘッドスパに行くならこの時期が一番です。

[/st-kaiwa2]

luce1014_152

月経周期に合わせてヘアケアすることは、
たいへん効率がよく・効果的であることがおわかりいただけるでしょう。

ただし、
月経周期は人それぞれですし、
体調やストレスなどでホルモンバランスが崩れることもありますので、
エストロゲンとプロゲステロンが交互に分泌されないこともあります。

自分の月経周期は、
基礎体温をつけることでわかります。

引用;基礎体温ってなに オムロンヘルスケア

基礎体温の動きを見て、
体調の変化や肌や頭皮の状態は予測できますから、
それを頭皮ケアにも活かしてください。

毎日体温を測るのはちょっぴり面倒ですが、
月経周期を知るために、
1~2カ月、
チェックしてみることをおすすめします。

また、
月経周期とは別に、
女性ホルモンは、
加齢とともに分泌量が増減します。

女性ホルモン 図

かみ先生

驚く方がいるかもしれませんが、
女性の体内には、
女性ホルモンだけでなく、
男性ホルモンも存在しています。

この女性ホルモンと男性ホルモンとのバランスの乱れも

薄毛を進行させる原因になることがあります。

特に閉経後は、
女性ホルモンが減少することにより、
男性ホルモンが優位に働くのではないか
とも考えられています。

男性ホルモンが毛母細胞を攻撃する性質を持つことは、
先述した通りです。

ただ、
男性よりも男性ホルモンの量が少ないため、
ジヒドロテストステロンに変化する量も少なく、
ハゲてしまうまでにはいたらないようです。

かみ先生

さらに、
昨今、
いわゆる「環境ホルモン」(正しくは、内分泌撹乱化学物質)

などと呼ばれる化学物質や、
排気ガスなどの環境汚染物質、
ホルモン剤による薬物治療も

薄毛の進行に関係している可能性が指摘されています。

これらが原因で

「女性の男性化」

beauty-002

(女性の体内で男性ホルモンが増えること)が進み、
その現れの一つとして薄毛が生じているのではないか、
という指摘です。

医学的にはまだ定かではありませんが、
近年、
薄毛に悩む女性が増えているのは、
環境の変化によるホルモンバランスの乱れと関係があるのかもしれません。

 

出産後に抜け毛が増えるのはなぜか

女性の薄毛は、
妊娠・出産に関係して生じることもあります。

子どもを産んだ経験がある方なら、
その後、
抜け毛が増えたことに気づいた人も多いのではないでしょうか。

お風呂の排水溝が真っ黒になるほど抜けた毛を見て、
「このまま薄毛になるのでは・・・?」と、
不安になる人は多いようです。

E58699E79C9F202013-06-29201620592021
一般的には、

出産後、
3カ月くらいから抜け毛が顕著になってきます。

 

その一番の原因は、
やはり女性ホルモン。

妊娠中はエストロゲンを抑制して、
プロゲステロンのみが優位にずっと働いている状態となり、
出産が終わるとまた両者のバランスが元に一戻るからです。

ふさ子

出産後のエストロゲン増加は急激に起こるため、
どうしても一時的にホルモンバランスが乱れて、
身体に支障が出てしまいます。

抜け毛はその現れの一つというわけです。

また、
エストロゲンは毛髪を成長させる役目を持っているため、
妊娠中に抜けるはずだった毛髪が、
一気に抜けてしまうとも考えられています。

このような出産後の抜け毛は一時的なもので、
さほど心配する必要はありません。

ホルモンバランスが整えば、
抜け毛も解消されます。

産後の抜け毛 薄毛11
重要なのは、
その後の生活習慣でさらに抜け毛を増やさないことです。

次のようなことに注意しましょう。

 

出産後のストレスを解消する

出産後は、
赤ちゃんが中心の生活となり、
出産前の生活リズムとは一変してしまいます。

授乳や赤ちゃんの夜泣きなどで仰眠不足になり、
心身ともに疲れ果て大きなストレスがかかります。

特に初めての出産だと、
育児への不安もつのり、
精神的にも負担の大きな生活が続くこともあるでしょう。

ストレスを受けると、
視床下部がそれに対処するために、
従来行っていた女性ホルモンの分泌を後回しにしようとします。

これによって、
エストロゲンが減少するため、
毛髪の発達が遅れ、
薄毛状態がなかなか改善しないことがあります。

item2

かみ先生

育児の不安からくる精神的なストレスと、
睡眠不足などによる身体的なストレス。

この両方を軽減すれば、
こうした抜け毛は通常、
改善されます。

 

骨盤のゆがみを治す

骨盤は出産によって広がり、
ゆるんでしまいます。

ふさ子

ゆるんだ状態のまま固まってしまうことで、
骨稚全体にゆがみが生じてしまうことがあります。

cl_002
そうなると、
子宮を圧迫して血流が悪くなり、
卵巣に十分な栄養が供給できなくなります。

すると、
卵巣で作っているエストロゲンの生成が滞ることになります

(骨盤のゆがみでエストロゲンが半減したというデータもあります)。

出産後は、
身体の負担にならないような骨盤体操などを行って、
骨盤のゆがみを解消する努力をしてみましょう。

出産後に無理なダイエットをしない

かみ先生

出産後に増えた体重を減らすために無理なダイエットを行うと、
それが抜け毛の原因となる場合があります。

「無理なダイエット」とは、
1カ月に5%以上も体重を減らすことを指します。

8dea1ed23489dcbbe9552b7763997e24
急激に体重を減らすと、
身体全休が栄養失調となり、
あらゆるホルモンの分泌量が低下します。

もちろん、
エストロゲンの分泌も減少し、
毛髪の発達に悪影響を及ぼします。

そのほか、
エストロゲンは、
悪玉コレステロールの増加を抑え、
分解・排池する働きも持っており、
また、肌や頭皮の老化を防ぐコラーゲンや

毛髪の主成分であるケラチンを生成する働きがあります。

無理なダイエットで、
エストロゲンの分泌を減らさないようにしましょう。

j_main04

生活リズムを整える

22~翌2時の間は、
副交感神経が優位になる時間帯。

細胞は、
この間に老廃物を排出し、
栄養を吸収します。

毛髪を生み出す毛母細胞が生まれ変わるのもこの時間帯です。

赤ちゃん中心の生活になるとはいえ、
なるべくその時間には睡眠を取れるようにしたいもの。

授乳の時間を工夫するなどして、
生活リズムを整えましょう。

39119b1232f2a9ce75f858717f255756

イソフラボンを積極的に摂取する

赤ちゃんのケアで、
お母さんはゆっくりと食事を摂ることができず、
おざなりな食事になってしまうこともめずらしくありません。

ふさ子

栄養の偏りは、
体によくありません。

最低限、
頭皮のケアを考えるのであれば、
せめて大豆製品を多く摂取するよう心がけましょう。

大豆製品には、
エストロゲンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれていますので、
抜け毛の改善につながります。

目安の量は、
1日に40mg。

isoflavone1
次のような食品を積極的に摂りましょう。

 

大豆製品のイソフラボンの含有量(目安)
・厚揚げ1枚 120.6mg
・冷やつこ半丁 74.3mg
・豆乳200ml 71.4mg
・納豆1パック 63.7mg
・マーボー豆腐1皿 50.0mg
・いなりずし3個 44.1mg
・枝豆100g 27.3mg
・豆腐の味噌汁 19.2mg

 

かみ先生

どうしても取りづらいのであれば、

サプリメントなどで補給しましょう。

スーパー発芽大豆

 

ヘアケア・頭皮ケアの時間を持つ

毛髪は本来、
1日に100本前後は毎日、
自然に抜けています。

しかし、
出産後は、
自分自身を構う時間が取れないことで、
シャンプーや頭皮ケア、
ブラッシングがおろそかになりがち。

そのため、
久しぶりにブラッシングしたり、
シャンプ-したりすることで、
一度にたくさん抜けているような印象を受けることがあります。

ed0b93097be2cb66fdbc043299ed7e84
赤ちゃんが眠っている間に、
顔ヨガやブラッシングなどをして、
ヘアケア・頭皮ケアの時間も取るとよいでしょう。

ふさ子

気持ちのリフレッシュにもなり、
精神的なストレス解消にもつながります。

 

女性の薄毛・抜け毛の背後に潜む病気とは

出産後の薄毛は時間が経てば解消する場合がほとんどですから

あまり神経質になる必要はないかもしれません。

しかし、
それ以外の原因で10代~30代の若い女性が薄毛を訴えるケースも少なくありません。

こちらは、
薄毛・抜け毛の背後に、
病気が潜んでいる恐れがあるため、
たいへん問題があります。

ではどうやってその問題を見分けるのか。

かみ先生

簡単な方法は、
抜け毛の毛根側の先端をチェックしてみることです。

通常、
毛髪は、
成長期(5~7年)⇒退行期(約1カ月)⇒休止期(約3カ月)⇒脱毛というへアサイクルを繰り返しています。

ヒトの髪の毛は約10万本あり、
休止期の状態にある毛髪は約10%と考えられています。

3カ月で10万本の10%(=1万本)が抜けるということは、
1日あたり約110本が自然に抜ける、
という計算になります。

これが「1日100本くらいは抜けても大丈夫」といわれる根拠。

心配いらない自然な抜け毛か、
問題のある悪い抜け毛かは、
抜けた髪をチェックしてみればわかるのです。

ふさ子

ブラッシングやシャンプーの際に抜けた髪の毛や、
枕やタオルについた髪の毛を何本か取ってみて、
その形状をよく観察してみましょう。

虫メガネを使えば、
簡単に見ることができます。

自然な抜け毛とは、
正しいへアサイクルを経て抜けた毛髪のこと。

毛根にある毛球が完全に角化し、
白い球状になっています。

memo_0040
毛根がふっくらとしていて根棒のような形をしていることから、
「根毛」と呼ばれます。

抜け毛のほとんどが根毛であれば、
自然に抜けた毛髪ですから、
問題ありません。

抜け毛が根毛ではなく、
しかも1日100本以上生じるようなら、
「脱毛症」という病気が疑われます。

主な脱毛症について挙げてみましょう。

原因に心当たりがあって、
深刻ならば、
皮膚科などの専門家に意見を求めるようにしてください。

脱毛症の分類は、
次の通りです。

 

男性型脱毛症

毛包(=毛髪を生み出す、毛穴より下にある組織)

がなくなってしまうのではなくて、
成長期が短縮して休止期が長くなった結果、
軟毛になる現象です。

WS000118
すなわち毛包のミニチュア化現象です。

成長期の長さが、
毛の長さや太さを決めます。

〃毛包のミニチュア化〃が著しい場合は、
毛髪が皮府表面に出現しなくなることもあります。

休止期毛は容易に抜けるので、
洗髪時やブラッシングをしたときの脱毛の増加で気づきます。

遺伝的素因が大きいといわれています。

 

円形脱毛症

毛髪の成長期に活動が停止する脱毛症で、
さまざまなタイプがあります。

円形脱毛症の原因の約20~40%は、
急激な不安や精神的ショック、
うつ病や不安神経症などが関係しているといわれています。

large_are140918

・単発型(いわゆる〃10円ハゲ〃と呼ばれるもので、孤立しているもの)
・多発型(〃10円ハゲ〃が複数ある、またはそれらがくっついて地図状になっているもの)
円形脱毛症の83%がこの2つの型で、

そのうち50%が20歳未満で発症し、

特に15歳以下が25%を占めるといわれています。

 

 

このほかには、次のようなタイプもあります。
・全頭脱毛症(頭髪のほとんどが脱毛する)
・汎発性脱毛姉(頭髪、休毛が全身的に脱毛する)
・蛇行状脱毛症(後ろと横の生え際が帯状に脱毛する)

蛇行状脱毛症は治りにくいタイプといわれていますが、

14_07_25_02

他の脱毛の症状は原因から解放されれば、

6?12力月でまた髪の毛が生えてきます。

 

薬剤性脱毛症

すべての薬剤は、
大なり小なり脱毛症を生じうるといわれています。

薬剤性脱毛には、
成長期脱毛と休止期脱毛があり、
ほとんどが頭皮に対しての炎症はなく、
びまん性脱毛(全体的に薄くなる)になります。

・成長期脱毛(抗ガン剤によるものが多い

細胞分裂の活発な毛母細胞が障害を受け、
頭皮をつかんだり、
ブラッシングしたりした際に、
大量に脱毛します。

薬剤投与中止後、
髪の毛の長さが満足できる程度になるまでに、
6カ月から12力月ぐらいかかります。

・休止期脱毛(毛髪の10~15%が休止期毛で、一見して脱毛と感じない場合が多い)

薬剤投与して数カ月後に、
毛髪を数十本まとめて軽く引っ張ったときに、
毎回3~4本抜けた場合は、
薬剤性休止期脱毛と考えられます。

健康を取り戻し、
薬をやめることにより発毛は回復します。

またビタミンAを過剰に服用した際や、
発毛剤、
育毛剤として使用されているミノキシジルの

使用開始時と中止時などにも成長期脱毛が見られます。

 

内分泌異常に伴う脱毛症

内分泌異常に伴う脱毛症には、次のようなものがあります。
・下垂体機能低下症(出産後の疾病や卵胞ホルモン、黄体ホルモンの分泌低下)
・甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの分泌が低下して、休止期毛が非常に多くなり、脱毛する)

・甲状腺機能亢進症(鮮度の脱毛で毛髪が細くやわらかくなるびまん性脱毛)
・副甲状腺機能低下症(毛髪が乾燥して薄くなる)

いずれの症状も専門医による治療を受けることで回復します。

 

外傷性脱毛

頭皮を強く圧迫した際や、
髪を強く引きつめたへアスタイル、
トリコチロマニアなどによる脱毛が外傷性脱毛です。

ふさ子

寝ている赤ちゃんの後頭部が薄くなるのも、これ。

頭皮の圧迫はマッサージ等で血流をよくすること、
引きつめたへアスタイルによる脱毛は、
ヘアスタイルを変えることにより、
ある程度回避できます。

 

ふさ子

マッサージのやり方はこちらを参考に。

正しいマッサージとスカルプケア

トリコチロマニアは、
自分自身の髪の毛を抜く癖のこと。

 

精神的ストレスが融き金になることが多く、

精神的ストレスをため込まないように、
ライフスタイルを工夫することで改善が期待されます。

赤ちゃんの場合は、
座ったりハイハイしたりするようになれば自然に治ります。

 

代謝障害や栄養障害に伴う脱毛症

亜鉛の欠乏、
鉄欠乏性貧血、
過度のダイエットによる脱毛症。

女性に多い貧血やダイエット、
疾患に伴うものは、
専門医に相談をして適切な治療を受ける必要があります。

バランスのよい食事を摂ることにより回復します。

 

薬剤性以外の休止期脱毛症

出産後の脱毛、
高熱、
ストレス、
外科的ショックによる脱毛症。

妊娠中はホルモンの影響で、
成長期が延長していると考えられています。

出産後、
ホルモンの状態が妊娠前に戻っていくことに加え、
母乳刺激ホルモンにより毛髪の成長が抑えられるため、
出産後2~3カ月ごろよりびまん性の脱毛が生じます。

しかし6カ月くらいで脱毛は回復します。

高熱、
ストレス、外科的ショックによるものは

原因となる症状が回復すれば脱毛も回復します。

 

炎症性脱毛症

脱毛の一番の原因は、
炎症によるものです。

接触性皮膚炎によるものと脂漏性皮膚炎によるものがあります。

接触性皮膚炎は、
パーマ・カラーリング液、
シャンプー、
コンディショナー、
頭皮・毛髪用のケア剤などのヘアケア剤を頭皮に塗布することで、
引き起こされることがあります。

特にパーマとへアカラーは刺激の強い製剤を使用します。

o0400035612135521233
パッチテストをするなどして気をつけましょう。

また、
毎日行うシャンプーは頭皮に残ると刺激になりますので、
特によく洗い流します。

コンディショナーやヘアケア製品は、
頭皮にはなるべくつけないようにしましょう。

脂漏性皮膚炎は、

頭皮の皮脂の分泌が異常になる皮膚炎です。

軽い場合はフケ症で放置しておくと枇糠性脱毛をきたします。

皮膚科での治療が必要な場合があります。

 

感染性脱毛症

頭部白癬、
細菌感染よる頭部慢性膿皮症、
梅毒、
ハンセン病などが挙げられます。

白癬とはカビの一種で、
フケもこの種に屈します。

白癬や細菌に感染しても、
軽いかゆみ程度の症状なら、
頭皮を清潔にすることで改善されます。

梅毒は治療することで改善されます。

ハンセン病の場合は、
全頭脱毛の改善は難しいでしょう。

梅毒もハンセン病も病原体の感染によるものなので、
早急に専門医に相談しましょう。

 

瘢痕脱毛症(はんこん)

やけど、大量の放射線、帯状抱疹などが原因となる脱毛症。

 

毛穴や毛根が破壊されており、

脱毛部分には髪が生えてこない場合がほとんどです。

 

かみ先生

ひとくちに薄毛・抜け毛といっても、

背景には多くのメカニズムと原因があるのです。

 

たんに育毛剤をふりかけて、

聞きかじったようなマッサージをしているだけでは解消しないことが、

これでおわかりいただけたのではないでしょうか。

-シャンプー, ヘアケア, 抜け毛対策, 産後
-

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 AllRights Reserved.