シャンプー 育毛コラム

30代女性の薄毛と抜け毛の原因と対策は?

更新日:

最近増えている『若年性脱毛症』

薄毛や抜け毛は男性特有の悩みとして昔は言われていました。

最近では20代から30代の若い女性が薄毛・抜け毛で悩んでいる方が増えています。

『若年性脱毛症』と呼ばれています。

どうして、最近増えているのか?

 

原因は

薄毛や抜け毛の大きな原因は女性ホルモンの以上です。

エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量がバランスを乱すと髪の毛に影響が出ます。

 

 

食事

原因は激しいダイエットや偏食、生活リズムの乱れなどが大きな要因とされています。

ダイエットもきちんとしたカロリー管理のもと、食べながら運動で絞るダイエットは健康的で良いのですが、食事を抜いたり一切栄養バランスを考えない食事の採り方は非常に頭皮に影響をもたらしています。

流行りのデトックス(断食)は専門家の管理のもと行わず、自分流でただ食事を抜くなどの間違った方法で行っている人などは要注意。

 

睡眠

睡眠のリズムが悪い人も頭皮に影響をもたらします。

質の良い睡眠が出来ていない人は、髪の毛の成長周期が乱れます。

本来、成長期の時にサイクルがおかしくなり細くなったり抜けたりすると、髪の毛全体が薄くなります。

 

飲酒・喫煙

お酒を飲む人、タバコを吸う人も要注意です。

 

これは、イメージして貰うとわかりやすいのですが、髪の毛に栄養を届けている血管は非常に細いものです。

飲酒・喫煙は血管に悪いのはイメージ出来ると思います。

 

よく聞く毛細血管が悪い状態だと毛根まで栄養を届けることが出来なくなります。

 

間違いだらけのヘアケア

シャンプーやリンスのやり方や選び方が間違っている人が非常に多いようです。

 

特に、臭いを気にする人はシャンプーやリンスを過剰に行う人が多いようです。

タバコを吸う人がその傾向は強いようで、髪の毛にタバコの臭いがついたのが気になりシャンプーをガンガン行う。

なんなら、少しシャンプーを頭皮に染み込ませようなんて人もいました。(私も昔はそうでした。。。)

リンスも適当に濯いだほうが臭いが残って良いのでは?とか。。

 

選び方も問題があります。

私は臭い優先で、良い臭いが長持ちするのを選んでいました。

自分の頭皮の状態など二の次で考えていませんでした。

 

自分に合うシャンプーやリンスを選ばないと、薄毛の悩みや抜け毛の進行を止めることが出来ません。

 

ストレス

30代に入った女性は、会社でもそれなりに仕事が出来るベテランの域に入っています。

 

使えない新入社員の女の子を見ているだけで腹が立ちます。

可愛さと若さで誤魔化そうとしている私の部下はハッキリ言って髪の毛全部抜いてやりたいくらいです。

ストレス解消を私はタバコとお酒に逃げていたので頭皮に良くありませんでした。

 

更にイライラがMAXの時は、暴食に走っていました。

甘いものを気持ち悪いって思う寸前まで食べたり。。

ケーキバイキングでの丁度良い食べ方を誰かに教えてもらいたい感じです。。

 

健康的なストレス解消方法を探すのが大事です。

スポーツなど体を動かすのが好きな人に薄毛の人が少ないのは健康的だからなんでしょうね。

 

対策は

上記の原因を一つ一つ潰していくことです。

食事

食事は女性ホルモンを意識して取るようにしましょう。

 

特にオススメは大豆類です。

一度は耳にしたことがあると思いますが、『大豆イソフラボン』というキーワード。

大豆イソフラボンと女性ホルモンの化学構造式が非常に似ているので、少なくなった女性ホルモンの替わりに働いてくれます。

 

マグロやカツオに含まれるビタミンB6は女性ホルモン『エストロゲン』の代謝をサポートしてくれます。

 

イワシは『メチニオン』という栄養素を含んでいます。

メチニオンは育毛系のサプリメントにも含まれている栄養素で、体内では作ってくれないので補充が必要です。

血中のコレステロールを調整してくれるので血行が良くなります。

 

また、亜鉛も含まれていてメチニオンの手助けをしてくれます。

亜鉛は髪の毛のもと、毛母細胞の分裂に必須の栄養素です。

都市伝説っぽいとされていた、ワカメやひじきなどの海藻類が髪の毛に良いとされているのは『亜鉛』を多く含むからです。

 

亜鉛が非常に多い食べ物には『牡蠣』が代表的です。

 

ナッツ類はビタミンEを含んでいます。

ホルモンの分泌をコントロールしてくれる栄養素で活性酵素を抑える

『抗酸化』の作用があります。

アボガドもホルモンバランスを整える効果が望めます。

 

インスタント食品などは出来るだけ避けるようにしましょう。

インスタント食品は体内のミネラルを奪ってしまうと言われています。

 

髪の毛の成分は硫黄を含んだタンパク質が99%です。

急激なダイエットで身体のタンパク質が不足した時に、髪の毛までタンパク質が届かないとパサパサの髪の毛になったり抜け毛の原因になります。

 

ダイエットの時の食事メニューは特にタンパク質を意識してください。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方をバランス良く採ること。

鶏肉などの動物性タンパク質と大豆類などの植物性タンパク質です。

 

 

睡眠

睡眠には成長ホルモンの分泌が大きく関わっています。

一時、色々なところから夜の10時~深夜2時までが成長ホルモンのゴールデンタイムと言われていました。

最近わかったことでは、時間帯が問題ではなくて眠り始めの3時間が成長ホルモンのゴールデンタイムです。

%e6%88%90%e9%95%b7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3

10時~2時が問題ではなく、眠り始めの3時間に質の良い睡眠をとることが重要です。

寝つきが悪い人は要注意ですね。

私は冷え性がひどくて、お布団入っても中々寝付けないタイプです。

眠りもどちらかというと浅いほうだと思います。

枕と寒さ対策をして眠りの質を良くしました。

 

飲酒・喫煙

飲酒はワインをメインに替えました。

それまでは、とりあえずビールから焼酎や日本酒などもガンガン飲んでいましたが今はワインです。

ポリフェノールも女性ホルモンと大きく関わっています。

大豆イソフラボンと同様に女性ホルモンと似た成分を持っているので薄毛の原因・抜け毛の原因になるエストロゲンの減少を補ってくれます。

但し、飲み過ぎは絶対にNGです。

飲み過ぎるとフラボノイドという成分が体内の水分を排出させる作用があるので乾燥しやすくなります。

頭皮が乾燥すると薄毛の大きな原因になります。

 

ヘアケア

頭皮の潤いが大事です。

シャンプーやリンスは2対8の法則です。

8を濯ぐこと。

濯ぎ不足が薄毛・抜け毛の原因になっている人が実は多いです。

少し話はズレますが、虫歯の原因も歯磨き粉が残っている事が大きく関わっていることを知られていません。

また、背中ニキビやうなじニキビもシャンプーやリンスの残りが原因で出来ている事も多く関わっています。

 

シャンプーやリンスを選ぶときは、洗浄力よりも頭皮環境を整えるシャンプーが良いです。

アミノ酸系シャンプーと言われるのが、非常にオススメです。

 

ストレス

ストレス発散については、暴飲暴食に走らないように。

出来れば、運動でストレス解消が一番です。

適度な運動はホルモンの分泌にも良いですし、血行改善にもなります。

 

女性ホルモン対策

女性ホルモンのバランスを整える事が薄毛には非常に大切です。

頭皮の潤いも女性ホルモンのバランスが大きく関わっているので、薄毛・抜け毛が気になるときは先ず女性ホルモンのバランスを整える事を意識しましょう。

30代から女性ホルモンのバランスは下降線を辿りますので、注意が必要になります。

 

-シャンプー, 育毛コラム
-, ,

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 AllRights Reserved.