ショートボブ

ヘアケア

トップが寂しい時の裏技!コテを買ってヘアセット!

投稿日:

トップ全体的にボリュームがなくなり、いつもぺちゃんこで残念な印象の私の髪。

トップ 薄い 髪型 女性

分け目はなんとなく薄くなった感じがするし、後頭部もボリュームに欠けます。

なんとかしたい一心で、ネット上のヘアカタログをあさり、理想の髪型写真を収集。

 

一番気に入った、後頭部をふんわりと見せるためのカットが入っている前下がり気味のショートボブの写真。

ショートボブ

これを担当美容師さんにすぐに見せられるよう、スマホに保存し、いざ美容院へ。

 

とにかくふんわりとボリュームアップさせたい旨を伝えながら、用意してきたイメージ画像を見せて相談。

 

ボリュームを出すためにパーマをかけた方がいいのかどうかを相談の上検討した結果、今回はパーマなしでカットとスタイリングでどこまでイメージに近づけられるか、やってみることに。

薄毛 女性 ショートボブ

今までは、とにかく日々の手入れが楽でセット不要の髪型をリクエストしていたので、自分でセットすることを前提でカットするのは初めてのこと。

 

私の髪はかなり少なくなっていると自分では思っていたけれど、年齢の割には決して少なくはないのだそう。

ただ髪がもともと細く、柔らかいので、ヘアスタイルがぺしゃんこになりやすいみたいです。

 

あまり手をかけないスタイルだと、どうしてもボリュームが足りなく見えやすいから、ボリュームを持たせるには、ある程度ヘアスタイリングが必要になるそうです。

 

イメージ写真を持参したおかげか、だいぶ自分のイメージに近いスタイルに仕上げてくれました。

 

セットしてくれている様子を見ていると、思っていたよりも小さなコテを使っています。

ショートボブ コテ ヘアスタイル

こんな小さなコテで少し挟むだけで全然印象が変わるなら、挑戦してみようという気持ちになりました。

美容師さんの手先の動きをじっくりと観察し、目に焼きつけるようにしました。

 

簡単そうに見えるけれど、実際に自分でやるのは難しいだろうと思い、その思いを美容師さんに打ち明けると、

「多少は練習が必要だと思うけれど、すぐに慣れると思いますよ。女子高生なんかあっという間に器用に使いこなしますよ。」

とのこと。

美容師 イラスト

確かに女子高生はすぐに使いこなせるだろうけれど、私でも使えるかしら、と少々不安に感じながらも、試してみようと決意を新たに店を出ました。

 

その足で家電店とドラッグストアに直行。

コンパクトサイズのコテと巻き髪用のスタイリング剤を購入して、いそいそと帰宅しました。

コテと巻き髪用のスタイリング剤

 

翌日は早起きして、早速練習。

美容室での仕上がりのようにはならないけれど、ちょっと手を加えることで、印象はかなりふんわり。

ショートボブ コテ ヘアスタイル

 

カットの力もあって、一番気になっていた後頭部はほんの少し巻くだけで、ボリュームアップ。

 

やはり加齢とともに、なりたい姿を明確にして、多少は手をかけて、プロにも相談するのが一番だと思いました。

管理人

-ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2017 All Rights Reserved.