憂鬱な女性 髪型決まらない

シャンプー ヘアケア

女性の髪の毛 基礎知識!基礎を理解して正しい対策

更新日:

かみ先生

髪の毛、頭皮をきちんと理解している人は

意外と少ないものだと思います。

きちんと理解して

正しいケアをしましょう。

 

髪の毛は皮膚の一部が変化

 

髪の毛は、女性にとって大切なものです。

 

朝、

髪型が決まらない日は、

すっきりしない気分になってしまう。

 

私なんて

1日中イライラしてしまうことも

あります。

憂鬱な女性 髪型決まらない

ふさ子

皆さんも同じですよね?

 

髪の毛は、

女性のイメージのためだけにあるのではありません。

 

そもそも髪の毛は

体を覆う皮層の一部です。

 

皮膚は表皮と真皮と脂肪層からなりたちます。

 

厳密には、

髪の毛は表皮から発生する皮層の一部です。

表皮と真皮

日常生活を送る上で

欠かせない働きをしています。

 

たとえば体温が急激に低下するのを抑えてくれたり、

紫外線をさえぎってくれたり、

ものが頭にぶつかったときにはクッションの役目をして、

その衝撃を軽減してくれたり。

 

かみ先生

頭髪のトラブルは、

隠れた病気のサインであるケースも

 

髪は入れ替わります

髪が抜けるタイミングは、

  • お風呂でシャンプーをしたとき
  • 寝ているとき
  • ブラッシングのとき

などです。

 

ふさ子

でも、

正常な頭皮であれば髪の毛がなくならず、

一定の量を保っているのはなぜだと思いますか?

 

髪の毛にも寿命というものがあります。

 

毛母細胞から生まれた髪の毛は

どんどん成長していきますが、

それもやがて寿命を迎え、

自然と抜け落ちていきます。

 

人間の髪の毛は10万本あるといわれています。

1日に80~100本くらいは自然に抜けていきます。

抜ける髪の毛

でも髪の毛がなくならないのは、

次から次へと新しい髪の毛が生えてくるからです。

 

髪の毛の一生には、

古い髪の毛が抜け、

新しい髪の毛が生えてくるというサイクルがあり、

これをヘアサイクル(毛周期)といいます。

 

ヘアサイクルは、

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

の3つのステージにわかれます。

 

3つのステージではそれぞれ、

髪の毛はどのような状態にあるのか

予備知識として覚えておいてください。

成長期

毛母細胞の細胞分裂が活発で、

毛球部で毛がどんどん製造される期間。

作られた毛を上部へと押し上げます。

毛量全体の約90%が成長期と

言われています。

 

退行期

次にやってくるのが退行期。

この時期は毛母細胞の細胞分裂が衰えます。

髪の毛の色を決定する

色素細胞の活動も弱まるのも

この時です。

 

休止期

毛母細胞の細胞分裂が止まってしまう時期で、

髪の毛の製造がストップします。

成長期がやってくる前に、

古い髪の毛は抜けていきます。

 

女性の薄毛の原因

かみ先生

髪の毛の役目やヘアサイクルについては

なんとなくご理解いただけましたか?

 

ここからは

女性の薄毛や抜け毛のメカニズムについて

ご説明します。

 

前述したヘアサイクルからみると、

「成長期が短くなって休止期にある毛の割合が増えれば薄毛になる?」

うすい

と思われるかもしれません。

 

これは男性の薄毛の原因に限っていえば

正確といえると思います。

 

でも、

女性の薄毛の原因には

それとは異なるメカニズムが

働いています。

 

まずこれを

しっかり覚えておいてください。

 

もちろん女性であっても

年齢を重ねるに従い、

退行期や休止期にある髪の毛の数は増えていき、

薄毛の原因となります。

 

しかし、

これ以外のさまざまな原因が重なって、

薄毛が進行することが断然多いのです。

 

女性の薄毛を促進する要因は大きく6つあります。

  1. 加齢によるもの
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. ストレス
  4. 頭皮トラブル
  5. 生活習慣の乱れ
  6. 急激なダイエット
かみ先生

思いあたることはありませんか?

 

これらが髪の毛のハリやコシをなくし、

ボリュームのない髪の毛、

つまり薄毛を作ってしまうのです。

 

女性の薄毛と女性ホルモン

「ハリやコシがなくなった」

「パサつきやすくなった」

「髪の毛が細くなった」

などの女性の髪の加齢変化は、

血流が悪くなることと合わせ、

女性ホルモンのバランスが崩れることが

一因とされます。

薄毛に悩む女性

 

もちろんこれらがすべて

薄毛へと直結するわけではありませんが、

加齢に伴い髪の毛の状態が

どう変化するのかを知っておくことは、

頭髪チェックをする手助けとなります。

 

女性ホルモンでよく知られているのが、

エストロゲンプロゲステロン

 

ふさ子

女性らしい体つきを維持したり、

妊娠・出産に大きくかかわるホルモンです。

 

髪の毛を保持するために働くとされるのは、

エストロゲンのほうです。

 

女性ホルモンの分泌は20歳代がピーク。

 

珊歳を過ぎると徐々に減少し、

45~55歳の更年期に急激に下降を始めます。

 

加齢に伴いホルモンバランスが崩れるにつれて、

髪質にもさまざまな変化があらわれてくるのです。

 

20代

女性ホルモン分泌量の頂点に向かう20代は髪の状態も良好。

髪のハリやコシ、

量の多さはピーク。

ただし、質や量には個人差があり、

白髪がでてくる人も。

 

30代

徐々に髪の毛に波打ったようなうねりがでてくるように。

これは髪が乾燥しやすくなり、

空気中の水分を含んでしまうためで、

指通りの悪さを感じることに。

 

40代~50代

更年期前後には髪質が低下。

閉経後にはそれが顕著になり、

薄毛が目立ってくることも。

また、白髪が目立って増える人も。

 

60代以降

髪の加齢変化は顕著になり、

頭皮の乾燥が加速。

薄毛が気になり始める人もいるが、

健常毛の状態をキープする人も。

 

女性の抜け毛は6つのパターン

女性の薄毛は、

男性型脱毛症のように

特定の部位から髪の毛が後退するのと違い、

頭髪全体が均等に脱毛していくのが特徴です。

 

  1. びまん性脱毛症
  2. 牽引性脱毛症
  3. 円形脱毛症
  4. 脂漏性脱毛症
  5. ひこう性脱毛症
  6. 分娩後脱毛症(産後)

とくに、髪の分け目が透けてみえるようになります。

これをびまん性脱毛症といい、

薄毛に悩む女性の多くがこのタイプです。

 

また、

妊娠から出産後にみられるのが

分娩後脱毛症です。(産後の抜け毛

 

分娩後脱毛症は、

ホルモンバランスの著しい変動によって、

一時期かなり抜け毛が目立ちますが、

出産後1年から1年半ほどで、

抜け毛の量はもとに戻るのが一般的です。

 

一般的には、

1度目の出産後よりも、

2度目の出産後のほうが

もとに戻るための時間がかかるようです。

 

これは加齢の要因が加わるためだと考えられます。

 

また、

高齢出産などで体力の回復が遅い場合は、

抜け毛の量がなかなか改善されないこともあります。

 

ほかにも牽引性脱毛症など、

いくつかのタイプがあります。

 

病気が原因の女性の薄毛

女性の抜け毛は複数の要因が重なって起こりますが、

病気が原因で抜け毛を誘発していることもあります。

  • 貧血
  • 薬の副作用
  • 甲状腺の働きの異常
  • 婦人科系の病気

などです。

 

かみ先生

病気と関連している女性の薄毛の悩みは

必ず専門の病院で診てもらいましょう。

 

 

ふさ子

女性の場合、

抜け毛の原因がひとつに特定できないからこそ、

病気の有無を調べることはとても大切なことなのです。

 

抜け毛だけでなく、

白髪も病気の自覚症状として

あらわれることがあります。

 

かみ先生

若いのに白髪が異常に多い、

急激に白髪が増えてきたという場合は、

隠れた病気がないかを調べることが大切です。

 

胃腸が弱い、貧血、

甲状腺疾患がある人は注意が必要です。

 

妊娠中や産後に増える白髪はあまり心配はいりません。

 

この時期はホルモンのバランスが崩れたり、

胎児にカルシウムなどの栄養をとられたりすることが、

白髪を招く大きな要因となるからです。

 

軽い円形脱毛症の場合だと

「病院で治療なんて必要ない」

うすい

って放っておく人が多いようですが、

やはり専門のクリニックできちんと診てもらうことが

女性の薄毛を早期解決するポイントです。

 

まとめ

自分の状態によって

女性の薄毛の対処方法は変わります。

 

 

女性 薄毛TOPへもどる

-シャンプー, ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2017 All Rights Reserved.