ヘアケア

白髪は加齢現象のひとつです

更新日:

「白髪は治りませんか?」

この質問への回答は、

医師としては「難しい」と答えざるを得ないそうです。

 

薄毛と違い白髪は遺伝的要因が強いといわれ、

なぜ白髪になるかは医学的にも

まだはっきりわかっていない部分が多いからです。

 

白髪というのは加齢現象のひとつです。

 

年齢を重ねても白髪が目立たない方もいると思いますが、

1本もでないという人はいないのです。

白髪 女性

髪の毛の黒い色のもとは、

毛母細胞にあるメラノサイトが作り出すメラニン色素です。

 

このメラノサイトの働きが鈍くなったり、

メラノサイトそのものの数が少なくなったりして、

メラニン色素を作り出す機能が低下すると白髪になります。

 

現在のところ白髪を根本から治す薬はありませんが、

白髪の治療では毛母細胞のメラノサイトの働きを

よくすることが最優先となります。

 

基本的には、

メラニン色素を作り出す機能が低下している以上、

白髪が抜けた後に生える髪も白髪です。

 

ただし、

ストレスによって一時的に白髪になった場合は、

再度メラノサイトが活性化されることで黒髪になることもあります。

 

一夜にして白髪になったという話がありますが

白髪の発生にはメラニン色素が関係していますが、

目にみえる髪の毛そのものは死んだ細胞なので、

それがストレスなどで一晩にして白髪に変わるということはあり得ません。

 

白髪が増えているのに気づかないくらい余裕のない状態が続いて、

ある日鏡をみて、

増えている白髪に気づいたということが、一晩にして。。。

とたとえられたのではないでしょうか。

アルビノ女性

白髪は遺伝するといわれますが……

白髪は遺伝的な要因が強いものです。

白髪の人が多い家系の場合、

白髪になりやすい体質を受け継いでいると考えていいでしょう。

 

しかし、白髪がでやすいかどうかというのは、

生活習慣も深く関係しています。

 

特に食事です。

 

患者さんをみていると、

鉄分が不足している人は白髪になりやすく、

動物性と植物性のたんぱく質をバランスよくとっている人のほうが、

白髪になりにくいと感じています。

 

白髪を抜くと増えると聞きますが…

白髪はメラノサイトの働きが

悪くなることや少なくなることが原因です。

 

白髪を抜いたからといって、

その白髪以外の髪の毛の毛根のメラノサイトが

悪い影響を受けることはありません。

 

ですから抜いたから増えるということはありません。

 

白髪を抜いても後に生えてくるのは白髪。

 

白髪を無理に抜くと、

毛根が傷つくので、

次に生えてくる白髪にウェーブがかかってしまったり、

髪の毛そのものが生えてこなくなることもあります。

 

ストレスで白髪が増えるといいますが…

これはよく聞かれることですが、

現在のところストレスと白髪の因果関係については

まだはっきりしていません。

 

白髪が気になり始めるのは刈代以降のことが多く、

この時期は仕事や家庭でもストレスを感じやすい時期。

 

これが重なってストレスと白髪が

関連づけられたのではないでしょうか。

女性 薄毛TOPへもどる

-ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 All Rights Reserved.