中年女性 熟睡

ヘアケア

質のいい睡眠が質のいい髪を作ります

更新日:

睡眠不足は心身にとってだけではなく、

髪にとっても大敵です。

ぐっすり眠る女性

では、その理由を説明しましょう。

 

睡眠には、

深い眠りのノンレム睡眠と

浅い眠りのレム睡眠の2種類があります。

 

睡眠中はそれが交互にやってきます。

 

レム睡眠では体は休んでいるものの脳は寝ていない状態。

一方のノンレム睡眠は脳は休息状態にあります。

 

相互の移行がスムーズで、

体も脳もしっかり休めるのが質のいい睡眠といえます。

 

髪にとって大切な睡眠の中でも、

重要なのはノンレム睡眠のとき。

 

とくに入眠後、

最初にやってくるノンレム睡眠のときに、

髪の成長に必要な成長ホルモンがもっとも多く分泌されます。

 

髪の毛は夜にせっせと作られているのです。

 

ちなみに、髪に関係する成長ホルモンは、

若い頃にはたくさん分泌されていますが、

加齢に伴い減っていきます。

 

従って、年齢を重ねるほど、

睡眠の質にしっかりこだわることが

女性の薄毛予防につながります。

中年女性 熟睡

薄毛予防には夜更かしはせず

「日付が変わる前」に就寝

 

女性の薄毛予防につながる

質のよい睡眠をとるには

どうすればいいのでしょうか。

 

実は、

髪の製造工場である

毛根部の細胞分裂が活発になるのは、

午後9時頃がピーク。

 

髪が最も成長するのは

午後10時~午前2時頃といわれます。

 

ということは、

少なくとも旧時前にはベッドに入りたいものです。

 

夜遅く寝ると、

深い眠りであるノンレム睡眠がとりにくくなり、

成長ホルモンだけでなく、

睡眠に関係するメラトニンなどの

大事なホルモンの分泌も同時に悪くなります。

 

必要な睡眠時間は個人差があります。

 

遺伝的にごく短時間寝れば十分という

ショートスリーパーと呼ばれる人もいますが、

多くの人はその睡眠時間では足りません。

熟睡 40代女性

一般的にはやはり6~8時間の睡眠はとりたいもの。

 

十分な睡眠をとることはストレスの軽減にもつながり、

ストレス耐性も強くなります。

 

睡眠不足が長期間続けば、

毛母細胞の細胞分裂が低下しやすくなったり、

頭皮の血流が悪くなったりするなどして、

髪の成長にはマイナスです。

 

ぐっすりよく眠れた朝の目覚めは、

とてもすがすがしいものです。

 

これは健やかな髪の毛を作るためにも必要なこと。

 

熟睡感をしっかり得られる

質のよい睡眠をとるための工夫を、

ぜひ実践していただきたいですね。

 

女性 薄毛TOPへもどる

-ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2017 All Rights Reserved.