ヘアケア

頭頂部が気になった人はミノキシジルが効果的

更新日:

ミノキシジルの効果と副作用

 

ミノキシジルは、
もともとは血管を拡張し、
血圧を下げる効果のある経口血圧降下剤として、
1970年代後半に米国で開発され使用されていましたが、
副作用で全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、
頭皮に対しての外用薬としての臨床試験が実施され、
脱毛症に有効だと発表されたものです。

1988年、
米国ファルマシァ・アップジョン社よりロゲイン(ミノキシジル濃度2%)として製品化され、
頭頂部の女性の薄毛対策の治療薬としてFDAが認可しました。

当初は米国でも医師の処方菱が必要でしたが:現在ではドラッグストアなどで配合量か5%のものも自由に購入することができます。

毛髪の成長を促進させる因子の産生を促すメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、
壮年性脱毛症に対して発毛促進や毛髪の成長を維持する効果があるとされています。

ミノキシジルは頭頂部のみに効果があって、
額の両サイドがハゲる男性型脱毛には効果がないとされています。

このことについては、
ロゲインの外箱に図入りで表示されています。

リアップは日本で発売されているミノキシジル製剤で、
壮年性脱毛症に対して発毛、
育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に効能・効果があるとして、
1999年2月厚生省に認可され、
6月、大正製薬から販売されるようになりました。

日本初の毛髪用ダイレクトOTC医薬品(医師に処方してもらう医療用の医薬品ではなく、
薬局やドラッグストアなどで買うことのできる一般医薬品)として話題を呼びました。

リアップX5は、
2009年6月から販売されるようになったもので、
有効成分のミノキシジルの配合量が5%の製品です。

従来のリアップやリアッププラス(2008年1月発売)、
また、
女性向けのリアップレディ(2005年発売)、
リァップリジェンヌ(2011年発売)の場合は配合量は1%となっています。

リアップ ジェンヌ

ミノキシジル配合の製品を使ってはならない注意として、
ミノキシジルでアレルギーを起こしたことのある人、
壮年性脱毛症以外の脱毛症の人、
突然起こった脱毛や髪が斑状に抜けている人、
未成年並びに子どもや赤ちゃん、
炎症や伝染病、
違和感や痛みがある場合、
他の頭皮用の薬を使っている人などとなっています。

また、
女性は配合が1%と限られています。

他にも胸の痛みや動惇、
虚弱、
めまい、
突然の体重増加、
頭皮の違和感や腫れ、
顔の毛が濃くなった場合、
4ヵ月使って効果が感じられないなどの場合は使用を中止し、
医師に相談することとなっています。

また妊娠中や授乳をしている場合は有害かもしれない、
また、
子どもの手の届かないところに保管することや、
冷暗所に保管する、
などの注意もあります。

ミノキシジルには、
頭皮の樺みなどの副作用やアレルギーもしばしば見られ、
ロゲインが発売された当初は頭皮の炎症が起こり、
やむなく使用をやめた人たちの間で「ミノキ焼け」が話題になったこともありました。

また頭痛・不整脈・動惇・皮層の紅潮などの副作用や、
多量に使用すると急激な血圧の低下が起こる可能性があることや、
ロゲィンの開発中に3名、
リアップの使用中に3名(1999年末の時点)が因果関係は不明ながらも死亡したとのニュースや、
リアップの発売からにぎ2003年末までに循環器系の副作用が500例あったとのニュースが新聞を賑わしたこともありました“現在のリアップX5では、
ロゲインに使われていたプロピレングリコールという基剤をブチレングリコールに変更したことにより、
ロゲインより炎症は少なくなっています。

ただ、
リアップX5で認められた副作川のほとんどが接触皮膚炎や湿疹、
脂漏性皮府炎等の皮間症状で、
その種類・程度については「リアップ」よりも発現頻度にやや増加傾向が見られますが、
安全性の評価において変化はありません。

 

頭頂部 ミノキシジル

女性 薄毛TOPへもどる

-ヘアケア
-

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 All Rights Reserved.