ヘアケア

髪の手入れ!パサパサ髪がツヤツヤ髪に?

更新日:

『パサパサ髪をなんとかしたい。』

『ツヤもコシもハリもない。。』

 

いつからか、

髪の毛がパサパサでツヤもなく

老けた感じが。。

 

ふさ子

年齢とともに

仕方がないと諦めていませんか?

 

かみ先生

髪の手入れの基本をおさえて

ツヤ・ハリ・コシを

取り戻しましょう!

髪がきれいな女性

洗い方

髪の手入れで

一番基本と言っても良い

【洗い方】

 

実は間違った方法を

毎日繰り返している人が

多いんです。

 

まず、

洗う前に

ブラッシングしてますか??

髪 早く伸ばす 女性

正直ブラッシングしている人って

どれくらいいるんだろう??

 

私は最近までしてません!

威張ることではないですが(笑)

うすい

 

シャンプーの前は

ブラッシングをして

髪の汚れとホツレをとかします。

 

絡まっている髪に

水気を与えると

なかなかほぐれません。

 

かみ先生

しっかりとブラッシングを

しましょう。

 

次は

シッカリと髪を濡らすこと。

 

ふさ子

お湯の温度は

熱すぎないことが

ポイントです。

 

熱いお湯をかける人が多いようですが

NGです。

女性 シャンプー すすぎ

人肌程度~38度くらいまで。

 

熱いお湯をかけすぎると

皮脂を異常分泌させる

きっかけになることも

 

40度でも少し高いくらいなので

ちょっと温かい?って感じを

目安にしましょう。

 

髪を濡らすときに

頭皮も優しくマッサージをします。

 

爪をたてないように

力も入れすぎないように。

女性 すすぎ イラスト

指の腹で激しくこすらず

毛穴の汚れを押し出すイメージです。

 

そしてシャンプーをつけ

サッと髪全体を洗います。

 

シャンプーはオーガニック系が

頭皮には一番優しいです。

 

 

小さなフケや皮脂が出てきて

ニオイがきついという人は

シャンプーの見直しを。

 

かみ先生

すすぎはシッカリと。

 

すすぎが一番大事だと思ってください。

 

これが甘いと頭皮環境の悪化、

フケの原因・皮脂の異常分泌の原因。

フケ 脂性

そして薄毛の原因に。

 

女性の薄毛の原因は

すすぎ不足もかなりの要因に

なっていると思います。

 

ウナジにニキビのようなものが

良く出来ていた私は

完全にすすぎ不足でした。

うすい

 

すすぎをシッカリとするようになってから

ウナジのニキビは治まりました。

 

乾かし方

 

乾かし方のポイントは

タオルドライです。

 

ドライヤーはあくまでも

補足的なイメージです。

髪 潤い まとまる女性

タオルドライをシッカリと。

専用のタオルを2~3枚

購入することをオススメします。

 

ふさ子

タオルでゴシゴシするのはNGです。

 

頭皮をつかむようにしたり

髪をタオルで挟み込んで

傷つけないように乾かしましょう。

タオルドライ 女性 薄毛

ドライヤーを使う前に

洗い流さないトリートメントで

保護しておくのもポイントです。

 

ドライヤーは

風量の多いものがポイントです。

髪の毛 伸びない

熱量より風量が多い方が

はるかに早く乾きます。

 

費用があるひとは

ダイソンのドライヤーは

最強らしいのでオススメです。

ダイソン ドライヤー

お値段は5万円近いです。。

うすい

 

熱を直接当てないように

15センチ~20センチ離して

使いましょう。

 

ブラシ

ブラシの種類は

  1. ナイロン製
  2. 金属製
  3. 木製
  4. 豚毛・猪毛

があります。

かみ先生

静電気が起こらない

毛先の柔らかいものが

オススメです。

 

形状は

目が粗く先が丸いもの。

 

豚毛か猪毛がオススメです。

豚毛 ヘアブラシ

髪の毛が細く

やわらかい猫毛の人は

豚毛がオススメです。

 

髪の毛がかたく太めの髪には

猪毛がオススメ。

 

また、髪の長い人は

静電気対策のことも考えて

猪毛がオススメです。

 

豚毛や猪毛のお手入れは

水をつけないほうが良いと言われています。

ふさ子

ブラシをかみ合わせて

汚れや髪の毛を取ってください。

 

頭皮の手入れ

頭皮の手入れが

女性の薄毛には大事です。

 

2週間に一度くらいは

もみだし洗いをして

毛穴の汚れを出しましょう。

 

ホホバオイルやオリーブオイルで

優しくゆっくりともみだし洗いをしましょう。

 

頭皮環境を整えることが

女性の薄毛には大事です。

かみ先生

頭皮の血行を良くして

髪の毛が育ちやすい環境を作る。

 

一番大事なポイントです。

 

食生活

バランスの良い食事はもちろんですが

年齢とともに女性ホルモンの減少

エストロゲンの減少が問題に。

 

エストロゲンの減少は

頭皮の潤いがなくなる原因です。

 

大豆系を意識して

とるようにしましょう。

大豆イソフラボン

あとは

  • タンパク質
  • ビタミン
  • 亜鉛

髪の毛三大要素です。

牡蠣 亜鉛

和食をメインにしていると

頭皮環境も良くなり

髪の毛の手入れも楽に。

 

睡眠

とにかく質の良い睡眠が大事。

質の良い睡眠

睡眠時間は

人によってベストタイムが違います。

 

7時間がベストとか

8時間以上寝ないとダメって

一昔前では言われていました。

 

あとは22時~2時までが

成長ホルモンの分泌が多い時間とか。

 

でも、

人それぞれという事が

最近実験でわかってきたそうです。

 

かみ先生

ポイントは

【睡眠の質】

 

しっかり気持ちよく眠れていない人は

起きてから4時間後に眠気が起きるそうです。

 

7時起床で

11時過ぎに眠たいって人は

睡眠が悪い証拠。

 

 

睡眠の質を良くするには

ストレスが大きなポイントです。

 

寝る前に

不安なことや考え事で

なかなか寝付けないとか。

 

寝るためにお酒を飲むとか。

 

かみ先生

どうしても寝つきが悪い人は

導眠剤や導眠サプリを

試してみてはどうでしょう?

 

まとめ

髪は女の命!

 

毎日の手入れがキチンと行き届いて

ツヤのある髪の毛を維持できます。

髪のツヤ

 

ふさ子

少し面倒でも

髪の手入れをシッカリして

いつまでもキレイな髪の毛を。

-ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 All Rights Reserved.