女性の薄毛治療

女性のための育毛専門クリニックのメリット・デメリット

更新日:

 

最近の専門クリニックには

毎月200~300人近くの

髪の毛に関する悩みを持つ

女性の方が一つの専門クリニックに

訪れるそうです。

女性 髪の毛の悩み

女性専用なので

待合室で男性に会うことがないというのも

気軽に通えるようになった要因だそうです。

 

かみ先生

女性が院長を務める専門クリニックは

女性にとってストレスにならない

環境づくりを徹底しています。

 

女性が薄毛を病院で治療することは

頭皮の状態を客観的に

医学的に評価してもらえることが

不安の解消につながり

女性の薄毛の改善の一歩になります。

女性の薄毛治療 通院

 

専門のクリニックでは

血液検査なども行い

ホルモンバランスや栄養素の過不足も

調べます。

 

女性の薄毛にとくに関係している

ホルモンのバランスを調べることで

対処方法も変わるそうです。

 

栄養素を調べることもそうですが、

例えば貧血がひどい女性は

髪の毛の状態も悪い人が

多かったりします。

 

更年期時期の生理不順で

ホルモンが適切に分泌されなくなった女性も

髪の毛に影響があります。

更年期 女性 薄毛

髪の加齢変化は早く見られます。

 

生理サイクルを正常にもどすことも

女性の薄毛治療のひとつです。

 

問診や検査を通して

患者さん自身が気づかない

体のことを認識したり

 

自分の体のケアのやり方を

改めたり。

髪 潤い 女性

女性専用の頭髪クリニックを

受信することで

自分の体を見直し対策・改善に

つながります。

 

ふさ子

女性専用のクリニックを受信する人の

髪に関する悩みはさまざまです。

 

状態も一人一人ちがいます。

 

その人にあった治療プランをくみたて

内服薬や外用薬と栄養補助などを

メインに治療します。

 

医学的な評価

女性の薄毛が気になり始め、

シャンプーをかえたり、

育毛剤を試してみても

なかなか効果がでない!

女性 薄毛 悩み 改善

いよいよ困って決心して病院へl

 

女性専門のクリニックでも

こうしたケースが多く見受けられます。

 

ふさ子

病院では、

薄毛を扱うのは皮層科の診療になります。

 

大学病院でも、

名称は異なるものの脱毛症外来、

毛髪外来などが設けられているところもあります。

 

女性専用の頭髪外来や

クリニックも徐々にではありますが、

目につくようになりました。

ヘアメディカル 浜中女医

病院での医師による女性の薄毛の治療では、

治療に必要なことと必要ではないことをきちんと説明し、

最終的には患者さんご自身に

決めていただくというやり方が主流です。

 

クリニックを訪れる患者さんの年齢は幅広く、

10代後半から80歳の方まで。

 

髪の毛の悩みに年齢は関係がないと、

日々感じさせられています。

 

ご高齢の方の中には

「年齢的に無理なのでは」と

思っていらっしゃる方もいますが、

そんなことはありません。

70代女性 薄毛 改善

80歳の方でも、

きちんと治療の効果が期待できるのです。

 

7〜8割の人が改善を実感

 

女性の薄毛を気にして来院される方の

一番の関心は、

女性の薄毛が必ず治るのかどうか

ということだそうです。

 

かみ先生

正直に申し上げますが、

必ず治るとはいえません。

 

また、

来院された方のすべてが

100%満足のいく治療効果を

得ているともいえません。

 

 

全体の7~8割の方に

治療効果がでているというのが現状です。

 

かみ先生

また、少なくとも6か月は治療を続けないと、

治療の効果があらわれないことも

最初に話があります。

 

改善があるとはいえ、

一定の治療効果がでた後は、

もうこれ以上治療しても

髪の毛は増えないというラインがあります。

女性 薄毛 対策

 

それには個人差があるのですが、

誰にでもいえるのは、

永遠に髪の毛が増え続けるということは

ないということです。

 

かみ先生

診療はカウンセリングからスタートします。

 

問診票でご記入いただくのは、

具体的な生活習慣です。

医師と女性

また、生理周期、更年期の症状など

婦人科系の項目も含まれます。

 

治療薬の関係もあり、

妊娠中、授乳中の方だと治療を開始できません。

 

治療をできる状態かをきちんと調べてから、

治療がスタートします。

 

薬、サプリ、生活指導で治療

ふさ子

実際の女性の薄毛の治療が

どのようなものかを説明しましょう。

 

女性の薄毛の治療はさまざまありますが、

専門のクリニックでは、

女性のびまん性脱毛症の場合、

発毛効果の高いミノキシジルという薬を

中心とした治療を行います。

 

ミノキシジルは

内服薬(飲み薬)としても

外用薬(塗り薬)としても使います。

 

ただし、

ミノキシジルは前述したように

髪以外の体毛も増加するのも事実です。

女性 すね毛 濃い

 

まつげが伸びるのは歓迎されますが、

すね毛が増えるのは困りますよね。

 

それらを考慮しながら、

患者さんの状態をみて

有効成分の濃度を調節していくことが

医師側には求められるのです。

 

このような薬を使っても、

睡眠不足や偏った食生活など

悪い生活習慣を続けていれば、

効果がでるまでには時間がかかります。

 

 

生活習慣を整えた上で

サプリメントなどを活用して、

不足しがちな栄養素を補えば、

薬の効果も向上する傾向にあるようです。

育毛サプリメント

 

いま一番注目しているのは塗り薬

このほかの治療法としては、

プラセンタや高濃度ビタミン・ミネラルの

点滴を使うこともあります。

 

とくにプラセンタは、

女性の薄毛のほか更年期にみられる

不定愁訴の緩和につながるという

報告が多くあります。

プラセンタ

 

ただし、プラセンタの場合、

女性の薄毛の改善に関しては

はっきり効果を感じる方もいれば

そうでない方もいます。

 

ですから、

女性の薄毛の治療と並行して

血流改善や滋養強壮などを目的とする場合に

使うことが多い成分です。

 

かみ先生

メソセラピーという治療法もあります。

 

これは注射針のような医療機器で、

ミノキシジルや栄養剤を

直接頭皮に打つというもの。

 

頭皮 注射

局所的に毛が生えてくることを

期待して行う人はいますが、

ある程度の面積になると

それだけ多く投与することになります。

 

 

また、欧米ではレチノインという成分を使い、

軽いピーリングを頭皮に起こすことで

外用薬の浸透をよくして

吸収率を高める治療法もあります。

 

かみ先生

女性の薄毛薬として、

一番注目しているのは塗り薬です。

 

ミノキシジルと他の有効成分を効率的に配合し、

有効成分を毛母細胞まで効率よく浸透させることで

高い発毛効果が得られる期待が高まっています。

 

最近ではミノキシジルの3倍効果がある

キャピキシルという成分が注目されています。

 

ふさ子

この成分は男女ともに有効とされています。

 

どの治療法をとるのかは、

患者さんの年齢やライフステージで異なってくるので、

治療法の引き出しをたくさんもつ

必要があると感じています。

女医さん 中年女性イラスト

 

デメリットは?

デメリットは予算が多少かかること。

治療費は数千円では予算が足りなく

毎月1万円~ということです。

 

かみ先生

あと、

都市部にしか専門のクリニックがありません。

 

自宅から通える範囲に専門クリニックがある人は

トータル的に費用対効果を考えることを

おすすめします。

 

代表的な

女性専門クリニックを

ご紹介します。

矢印

 

 

 

女性 薄毛 TOPへ

 

-女性の薄毛治療

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.