女性の薄毛治療はどんなことするの?

女性の薄毛治療

女性の薄毛治療はどんなことするの?費用は?薬は何?

更新日:

近頃では女性でも

抜け毛や薄毛の悩みのある人が拡がっています。

 

「最近、抜け毛や薄毛が気になって外出したくない。」

「頭のてっぺん辺りや髪の分け目が薄くなってボリュームが出ない。」

うすい

と悩んでいる女性が増えたと思いませんか?

 

 

女性の薄毛 びまん性脱毛症

 

女性の薄毛や抜け毛は、年齢を重ねれば誰もが起こり得ることと済ましてしまうことができない、女性にとっては根の深い悩みです。

 

かみ先生

じつは、女性の薄毛はしかるべく治療すれば治る確率が非常に高いと言われています。

 

代表的な女性の薄毛の症状はびまん性脱毛症です。

びまん性脱毛症 分け目が目立つ

 

びまん性脱毛症とは、女性に特定される脱毛症のことで局部的な抜け毛ではなく、髪が痩せ細って頭髪全体が薄くなること。

頭頂部が薄くなったり、分け目が薄くなったりする症状が一般的です。

 

ふさ子

とくに30代過ぎ以降の女性に数多く見受けられる脱毛症で女性型脱毛症とも呼ばれており、今までの一般の育毛剤などが効きにくい確率が高いようです。

 

女性が薄毛になる原因としては次にあげるものが推測されます。

 

髪の毛は

  • 伸びる成長期、
  • 成長が停止する退行期、
  • 休止期を経過して

当然のように抜け落ちることを何回も続けています。

ヘアサイクル

ところが色々なライフサイクル、日々の習慣などによって元々の髪の毛の成長サイクルがノーマルに稼動しなくなることがあります。

 

妊娠中は赤ちゃんを成長させるため、女性ホルモンの分泌が活発になり、髪の成長期が継続するため妊娠していないときより自然な感じの抜け毛が減少します。

産後

出産すると、女性ホルモン分泌量が通常に戻るため、今日まで長期間にわたって成長期だった髪の毛が急激に休止期に入ります。 

 

かみ先生

そういった事情から一時期に抜け毛が多くなる人がいるのですが、普通は半年~1年で通常に戻ります。

 

産後抜け毛ではなく、ふつうに薄毛に悩む女性が増殖中です。

とくに2009年以降、猛烈ないきおいでその数は拡大しており、3年間で約2.5倍というデータもあります。

女性の薄毛が増えるとともに、女性用育毛剤も販売が急増しました。

 

 

薄毛の症状や個人の体質によっては市販の女性用育毛剤で十分な効果を得られることもあります。

 

ふさ子

しかし、放置期間が長いケースや、体質によっては専門のクリニックでの治療が短期間で効果を得られることもあります。

 

女性の薄毛専門のクリニックという存在を知らない人は、帽子やウイッグでごまかすのがこれまでの一般的な女性の薄毛・抜け毛の対処方法でした。

 

しかし、現代では専門のクリニックが増えており誰でも気軽に治療を受けられる環境ができました。

女性の先生が増えたことも、女性が薄毛や抜け毛・頭髪の悩みを相談しやすい環境だと思います。

無料カウンセリングをしているクリニックが多いので、薄毛や抜け毛の悩みを相談しやすいです。

女性の薄毛治療 通院

女性が髪の専門のクリニックを訪れる理由の大半が女性の薄毛・抜け毛に関することです。

 

その中でも多いのが、

「分け目が目立ってきた。」

「ボリュームがなくなった。」

「全体的に薄くなった。」

うすい

という女性特有の薄毛の症状だといわれています。

 

びまん性脱毛症

 

最近、女性の薄毛治療や女性用育毛剤がターゲットにしているのが、びまん性脱毛症です。

 

「男性型脱毛症(AGA)」に対し、「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれており、女性の薄毛の原因の大半このびまん性脱毛症に該当します。

30代女性 びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、更年期前後の女性に多くある症状で、髪のコシやツヤがなくなり、頭髪全体が薄くなります。

 

ふさ子

髪の毛がパサついたり縮れてきたりしていませんか?

 

一番多くみられるのが、髪の分け目が広くなって、頭頂部が薄く透けて見えるようになるのが特徴です。

薄毛の始まり

びまん性脱毛症を発症させる原因は、加齢、女性ホルモンバランス、ストレス、栄養不足、過度のダイエット、間違ったヘアケアなどです。

 

かみ先生

びまん性脱毛症は、女性の典型的な症状なので、メカニズムを詳しく見て理解しておきましょう。

 

抜け毛の発症のしかたにも女性と男性では異なってきます

 

男性は頭頂部と前頭部に際立って抜け毛が発生しますが、女性に関しては、髪が細く弱くなり、頭髪全体が薄くなります。

抜け毛 ひどい

 

この原因はAGAに関してはドンドン進行していくというのに対して、FAGAは女性ホルモンがある程度の量はあるので、髪が男性のように減り続けることは滅多にありません。

 

女性 コンプレックス

 

薄毛対しての根本的なメカニズムは似ているのですが、女性ホルモンのはたらきで、発症の仕方や進行に違いがあるわけです。

髪の毛が痩せて細くなり、ハリやコシがなくなるのでペタンとして老けて感じます。

 

かみ先生

このようなメカニズムであれば、FAGAの場合減ったものを正しく補えれば、髪の再生もスピーディーということになります。

 

女性の薄毛治療

 

  • 妊娠・産後、女性ホルモンのバランスの乱れの可能性があるなら、婦人科。
  • 頭皮のかゆみ・フケ・湿疹・炎症・吹き出物などの異常も伴っているなど、頭皮トラブルがあるなら、皮膚科。
  • 抜け毛や薄毛以外にも体に何かしらの異変を感じている場合は、内臓の疾患や甲状腺機能障害の可能性もあるため、内科に。
  • 強いショックやストレスを受けるような、心理的要因に心当たりがあるなら、精神科や心療内科。

ただ、一つだけが原因ということは少ないので、髪の毛の悩み、女性の薄毛の悩みであれば、女性の薄毛専門のクリニックで診てもらうことが○○科と△△科を行ったり来たりとたらい回しにされずに済みます。

女医 女性薄毛治療

 

また、通常の病院では下記のようなことが理由だと直接的な治療をしてもらえません。

  1. 加齢による薄毛
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 間違ったヘアケア・正しくないシャンプー
  4. ストレスによる薄毛

このような場合だと、「直接的な治療の必要がない」などと言われ、治療や薬の処方を受けられなかったということもあるようです。

 

女性 貧血

皮膚科で診てもらえる場合も、

  • 頭皮があれている
  • 湿疹がでている
  • 異常なフケがでている
  • 頭皮がかゆく赤くはれている

など、ハッキリとした症状がある場合は抗生物質などの塗り薬やステロイドなどを処方してくれるそうです。

 

 

しかし、女性の薄毛の原因は複合的なことが非常に多く

例えば

  1. 加齢
  2. 女性ホルモンのバランスの乱れ

例えば

  1. ストレス
  2. 頭皮の常在菌の異常繁殖
  3. シャンプーが合わなかった

など。

 

ふさ子

こういったことから、女性の薄毛を治療したいと考えた場合は専門のクリニックに行くことを強くオススメします。

 

女性の薄毛治療内容は?

薄毛治療の種類には、最先端の毛髪再生医療、内服薬、外用薬などがあります。

女性 薄毛 治療

ハーグ療法

再生医療の発展型による先進的な髪の毛再生医療です。

 

HARGカクテルと言われている、種々ある成長因子を配合した有効成分を注射します。

 

毛乳頭や毛包に、ヒト脂肪細胞由来のサイトカインという物質を補充して、毛乳頭などを活性化させて、毛幹を再生し、成長させます。

 

認定医療機関においてだけ施術が可能なのですが、全国的に治療できるクリニックが拡がっています。

 

治療回数が多く治療費はかさみますが、誰しもが驚くような確率で効果が出ると言われている、革新的な治療法です。

女性の薄毛治療 革新的

内服薬による治療

薄毛の治療・抜け毛の予防や発毛を助長している内服薬です。

 

半年から1年服用し、女性固有の薄毛の症状を正常化することが可能になります。

太い髪の毛

定番のミノキシジルのほか、女性専用の治療薬パントガールも使用されます。

 

パントガールは、女性の薄毛に効果がある内服薬で、世界で初めて効果と安全性が認定された薬です。

パントガール(Pantogar)オーストリア版

 

アミノ酸、ビタミンB群、L-シスチン、ケラチン、D-パントテン酸カルシウムを含有します。

 

 

外用薬による治療

発毛成分を混合させた外用薬です。

 

毛乳頭に栄養を送りつけ、活性化します。

 

1ヶ月~2か月で効力があらわれてきます。

 

 

ミノキシジルがおもに使用されますが、パントスチンも使用されます。

 

パントスチンは、髪の毛の成長を害する男性ホルモン、ジヒドロテストステロンを予防します。

パントスチン

 

育毛メソセラピー

ヒト由来の成長因子が含有される育毛製剤を、最先端マシンのダーマローラーやダーマスタンプで注ぎ込みます。

頭皮 注射

薬剤は、ハーグ療法で使用されるものから、より安価なものまで、クリニックによっていろいろあります。

 

光治療

毛母細胞を活性化させるたの治療になります。

 

治療方法は、専用のレーザーで真皮の奥深いところの血行を活性化させ、弱体化してしまった毛母細胞の増殖を蘇生させます。

女性 薄毛 育毛

 

サプリメント

 

主要な治療薬のサポートとして使用されます。

 

血液検査で足りてなかった栄養素、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを補充していきます。

 

因みに一般的に飲むだけで薄毛が治るなんてうたっているサプリメントがゴマンとありますが科学的根拠はまったくありません。

 

そのようなものには首を突っ込まない方が賢明だと思います。

サプリメント

 

女性の薄毛治療 期間は?

女性の薄毛治療の効果はどの程度で見えてくるのでしょうか。

 

ふさ子

治療の手続きは、まず予約し、受診して、初回はカウンセリングや血液検査で終了です。

 

検査結果が出た2回目以降から、治療をスタートすることができます。

女性の薄毛治療 通院

 

こんな感じのスケジュールで1ヶ月に1回通って、およそ3ヶ月から半年で、効果が現れてくるのが通常だと言われています。

 

内服薬では半年から1年、外用薬ではもうちょっと早く、2カ月程度で効果がみられてきます

 

女性の薄毛治療 費用は?

皮膚科などで対処できる頭皮湿疹などの治療は健康保険で適用されます。

 

しかし、複合的な女性の薄毛治療の場合は保険適用外の治療が多いです。

 

 

かみ先生

病院によっても違いはありますが、通常、初回が約1万~1万5000円、2回目以降は月1回の通院で毎回2万5,000円~約3万円かかると言われています。

 

詳しくは大手クリニックの「ヘアメディカル」の費用を参考にしてください。

ヘアメディカル 浜中女医

 

 

女性 薄毛TOPへもどる

-女性の薄毛治療

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2017 All Rights Reserved.