女性の薄毛治療

薄毛治療の今と未来

更新日:

薄毛は治る?

薬についても、

開発はどんどん進んでいます。

女医 薄毛治療

新型の男性ホルモン阻害剤として

「MDV3100」「RDl62」などの

薬の臨床試験が進んでおり、

これらの薬は従来のフィナステリドと比較して

より強力な機能を有しています。

 

現在行われているのは

あくまで前立腺がんに対しての臨床実験ですが、

発毛剤への転用がうまくいけば、

同じように強力な効果があらわれると

期待されています。

 

かみ先生

予防の観点からも新技術が生まれています。

 

 

AGAになるかどうかを、

遺伝子診断により

あらかじめ予見することが可能と

なってきているのです。

 

男性のうち3分の2は、

程度の差はあれ60代になるまでに薄毛となりますが、

AGAの原因となる遺伝子配列を調べた研究で、

あるふたつの遺伝子変異をもつ男性は

薄毛になる確率が7倍高くなるという結果が出ています。

 

医師 薄毛治療

それが早くからわかっていれば、

「自分は薄毛になりやすい」という意識のもとで、

日常生活や食生活などからも

薄毛予防にアプローチできるわけです。

 

また、AGAになりやすいかどうかを診断する

遺伝子検査を行える病院も

増えてきましたから、

それを利用するのもいいかもしれません。

 

ふさ子

このように医療の技術開発が進めば、

未来では間違いなく薄毛の人がいなくなるでしょう。

 

むしろ女性の薄毛のまま過ごすことが

ひとつの個性のあらわし方として

尊重されるような世の中になるかもしれません。

 

しかし残念ながら、

私たちが生きているのは

「今」という時代です。

 

女医 女性薄毛治療

未来の可能性が

たくさんあるに越したことはありませんが、

例えばiPS細胞を使った

再生医療の完成を待っているとしたら、

20歳の人が40歳になってしまう

可能性も十分にあります。

 

その20年間は

コンプレックスを抱え続ければいけないわけですから、

いくらいい技術でも、

その完成をめどがわからぬまま

何年間も待つのはナンセンスでしょう。

薄毛治療専門医

女性の薄毛の悩みを解消するのは、

やはり一刻も早いほうがいいと私は思います。

 

今の医療技術でも、

女性の薄毛は十分、改善できるのですから。

女性 薄毛 治療

女性 薄毛TOPへ

-女性の薄毛治療

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 All Rights Reserved.