山中教授 ips細胞

女性の薄毛治療

近い未来、薄毛はいなくなる?

投稿日:

革新

薄毛治療の未来についても

少し触れておきたいと思います。

 

現在、

発毛・育毛医療でのもっともアツイ話題は

人間の「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」を

利用した再生医療でしょう。

 

かみ先生

iPS細胞という言葉を

聞いたことある人も

多いのではないでしょうか。

 

2006年、

山中伸弥教授率いる京都大学の

研究グループによって作成され、

 

その功績が世界的に高く評価された結果、

 

山中教授は2012年の

ノーベル生理学・医学賞を

受賞して大きな話題となりました。

山中教授 ips細胞

 

iPSという略称は、

英語の「induced pluripotent stem」からきています。

 

ちなみにこの頭文字がなぜ小文字かと言えば、

「アップル社のiphoneのやipadのように広く普及してほしい」

という山中教授の願いと遊び心が込められているそうです。

 

ふさ子

山中教授はオシャレですね。

 

iPS細胞とは、わかりやすく言うと

「臓器や器官に分化することができる細胞」

のことです。

 

ふさ子

と言われても

難しいですよね。。

 

人の体はおよそ60兆個の細胞で構成されていますが、

心臓には心臓を形づくっている細胞、

脳には脳細胞などさまざまな種類の細胞があり、

 

その活動の結果として

私たちは生命を維持しています。

人間 細胞

 

人の誕生に遡って考えると、

これらはたったひとつの受精卵からスタートし、

分裂を繰り返して増えてきたわけで、

脳も、骨も、皮層も、髪の毛もすべて、

受精卵から始まっています。

 

つまり受精卵は、

体を構成するすべての種類の細胞に

分化できる可能性を秘めた細胞であると言えます。

 

この受精卵を、

胚盤胞と呼ばれる段階まで

分化させたものを利用してつくった細胞で

 

ES細胞(胚性幹細胞)というものがあり、

こちらの研究もされてはいるのですが、

 

実用化されるとなると

人の受精卵を用いなければいけないことから

 

倫理的な面でのハードルが高く、

難航しているのが実情です。

難航 女性

 

そのデメリヅトを解消する形で開発されたのが、

iPS細胞です。

 

科学的な説明はやや難解になってしまうので

噛み砕いて言うと、

iPS細胞は、

体の細胞を「初期化」することでつくられます。

 

もともとは受精卵というひとつの細胞から

わかれてできていますから、

 

その段階まで細胞を初期化してやることができたなら、

体のあらゆる部位の細胞から、

 

すべてに分化できる細胞」、

すなわちiPS細胞がつくられるのです。

 

かみ先生

iPS細胞の登場は、

今までの医療の限界を大きく引き上げるものです。

 

考えてみてください。

 

もし自分の皮膚の細胞を使って

iPS細胞をつくり、

それを心臓や肺、肝臓、脳にまで培養できたなら……。

悩みすっきり

悪くなった臓器は、

すぐに取り替えてしまえばいいでしょうし、

もともと自分の細胞を使っているのですから

拒絶反応もほぼ起こりません。

 

もちろんこれは可能性の話で、

今はそこまで技術が進んでいるわけではありませんが、

もしこの技術が進歩していけば、

遠い未来、人は永遠に近い命を

手に入れることができるかもしれません。

老け顔

このような可能性を秘めたiPS細胞。

 

どんな細胞にもなれるということは当然、

毛髪や、毛髪をつくり出す毛包、

毛乳頭などにも分化することができるということです。

 

発毛に関する研究者たちもiPS細胞に熱い視線を送っており、

いくつもの研究チームが研究を進めています。

 

そして早くも研究成果の一端があらわれました。

 

慶雁義塾大学医学部の

大山学専任講師(皮膚科学)らの研究チームが、

iPS細胞を利用し、

毛をつくったり支えたりする「毛包」を

部分的に再生する実験に成功したと発表しました。

 

毛包は毛穴より下にある組織で、

主にケラチノサイトという

皮膚細胞でできた筒の形をしており、

底部分に発毛の命令を出す毛乳頭細胞があります。

 

大山氏らはiPS細胞を

ケラチノサイトになる手前まで成長させ、

毛乳頭細胞と同じ働きをするマウスの

「幼若線維芽細胞」と混ぜて

マウスの皮層の下に移植したところ、

2~3週間後には、

マウスに毛包のような構造ができ

毛もできるようになったといいます。

 

この技術を応用するなら、

iPS細胞から培養した毛包や毛乳頭を薄毛部分に移植し、

再び「毛の生える」毛穴をつくるということができます。

 

現在ある治療法の中では、

自毛植毛とやや類似した方法ですが、

自毛植毛だと自分の側頭部などの毛包を

そのまま移植するので、

移植できる毛包の数が限られてしまうという制約があります。

 

その点、

どの細胞からでもつくられるiPS細胞を使えば、

毛包の材料となる細胞はいくらでも準備でき、

好きなだけ髪を増やせます。

 

iPS細胞を用いた治療法が確立すれば、

AGA治療だけではなく、

病気や、やけどなどの外的要因で

毛髪を永久的に失ってしまった人たちに対しても

有効な治療ができます。

 

まだ開発の初期段階で、

実用化されるとしても加年単位の時間がかかりそうですが、

きわめて期待ができる技術であると言えるでしょう。

 

女性 薄毛TOPへ

-女性の薄毛治療

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2017 All Rights Reserved.