女性用育毛剤

失敗しない女性の育毛剤選び!押さえておくべきポイントは?

更新日:

抜け毛や薄毛予防に効果的といわれている育毛剤は、数え切れないほどさまざまな種類が販売されています。

そのなかで、自分に合った育毛剤を見つけるのは簡単なことではありません。

育毛剤 女性用

 

特に、女性は男性よりも育毛剤選びに失敗しやすいといわれています。

それは、なぜなのでしょうか。

失敗しがちな理由と育毛剤選びのポイントを紹介していきます。

 

女性が育毛剤選びに失敗しやすい理由

育毛剤 女性用

女性が育毛剤選びで失敗しやすい原因は、知名度、価格、見た目で選んでしまいがちというところにあります。

一番肝心な中身に目を向けず、それ以外の点を基準にして選んでしまうので失敗しやすくなってしまうのです。

育毛剤を選ぶときは、知名度、価格、見た目に重点を置くのではなく、何のために育毛剤を使うのかを今一度考えることが大切です。

イメージだけで選ばないようにすることが大切ですよ。

 

薄毛の有効成分に注目

育毛剤 女性用

育毛剤選びで重要なのは、薄毛に効く成分がきちんと配合されているかどうかです。

有効成分がほとんど配合されていない育毛剤では、期待するほどの効果は得ることができません。

せっかく買っても効果が得られなかったら無駄な出費になってしまうため、成分を詳しくチェックすることが大切なのです。

薄毛に効く成分は大きく分けて、攻め成分と守り成分の2つあります。

攻め成分とは、毛母細胞や毛乳頭を刺激したり、髪の成長を促す成長因子を直接取り入れたりすることで積極的に髪を増やす働きをするものです。

一方の守り成分とは、頭皮の血行促進や紫外線などからのダメージケアを行い、頭皮の炎症を抑えることで抜け毛を効果的に抑える働きをするものです。

薄毛の悩みを改善するためには、頭皮環境を整えて髪の成長を促す必要があります。

そのため、攻め成分と守り成分の両方配合されている育毛剤が高い効果を期待できるといえます。

女性の育毛剤で使用されている主な攻め成分は「CTP」、「アデノシン」などです。

守り成分は「グリチルリチン酸」、「キャピキシル」、「ニンジンエキス」などがあります。

「アミノ酸」、「センブリ」、「天然植物エキス」などは攻めと守りの両方の効果が期待できる成分になっています。

 

選ぶ前に薄毛の原因を知ろう

育毛剤 女性用

効果を実感できる女性用育毛剤を選ぶなら、どうして薄毛になっているのかその原因から探る必要があります。

女性の薄毛は頭皮のダメージ、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、ダイエットの副作用が主な原因としてあげられます。

頭皮のダメージは、頭皮が常に刺激にさらされる環境にいることで、少しのダメージでも薄毛につながりやすいことが原因です。

紫外線やシャンプー、カラーリング、シャンプー後に髪を濡れたまま放置するなど、頭皮へのダメージとなりうるものはたくさんあります。

ただ、基本的に頭皮環境が整っていれば少しのダメージであれば自己回復は可能です。

しかし、頭皮環境が乱れていると回復は難しく、ダメージが蓄積されて薄毛になるというパターンはめずらしいことではありません。

頭皮へのダメージを最小限に抑えるには、頭皮環境を改善しつつ毛母細胞を刺激し髪の成長をサポートする必要があります。

髪の成長を促す効果が期待できる「センブリ」や髪の主原料である「アミノ酸」で髪に栄養を行き渡らせることが有効です。

育毛剤 女性用

ホルモンバランスの乱れは、出産や更年期などが大きく関係しています。

女性ホルモンが急激に減少することで、出産や更年期を迎えてから抜け毛に悩む女性は少なくありません。

出産が原因の抜け毛の場合、若い女性でもなる可能性があるので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れは時間が経てば回復するのが一般的ですが、早期改善のためにも対策はしておいて損はないです。

そのためには、女性ホルモンの減少と男性ホルモンの抑制を行うのが効果的です。

女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」や男性ホルモンを抑制する「キャピキシル」などの成分が有効といえます。

生活習慣の乱れや過度なダイエットでは、主に髪に栄養が行き渡らないことが要因です。

お酒の飲み過ぎや睡眠不足、ストレス、過度な食事制限を行っていると栄養不足で頭皮は血行不良に陥ります。

アミノ酸や天然植物エキスで髪の栄養をサポートし、ニンジンエキスやエビネ蘭で血行を促すことが大切です。

この他に薄毛になる原因としては、分娩後脱毛症、牽引性脱毛症、円形脱毛症の3つの症状が考えられます。

これらが原因の場合、それぞれ必要な対策が違ってきます。

間違った対策を行ってしまうと、症状が悪化する可能性があるため注意が必要です。

分娩後脱毛症は、妊娠中に女性ホルモンによって維持されていた髪が出産後一気に休止期に入り、髪の成長が止まってしまうことが原因で起こります。

あくまでも一時的なもので、出産後6カ月から1年の間に自然回復するのが一般的です。

ただし、産後のストレスが重なると症状が重くなり、回復が遅れたり症状がひどくなったりすることがあります。

分娩後脱毛症の場合は、深く悩まずにストレスを溜めないようにすることがもっとも重要です。

育毛剤 女性用

牽引性脱毛症は、髪を強く結んだり髪を引っ張ったりすることで頭皮に負荷がかかることが原因です。

牽引性脱毛症は気づきにくいため、日頃から髪を強く結び過ぎないこと、ヘアアイロンで引っ張り過ぎないこと、ヘアスタイルを変えることなど頭皮への負荷を軽減させるようにしましょう。

円形脱毛症は過度なストレスによって引き起こされるほか、遺伝や出産などでのホルモンバランスの乱れが原因で起こります。

脱毛してから長く放置すると治療が困難になることもあるため、円形脱毛症を発見したらなるべく早い段階で適切な治療を受けることが重要です。

 

頭皮への浸透しやすさに注目

トリートメント 女性 薄毛

せっかく有効成分が配合された育毛剤を使用しても、頭皮の表面を流れ落ちてしまっては意味がありません。

実は、粒子の大きい成分は頭皮にうまく浸透しないため、育毛剤の効果が半減してしまう可能性があります。

育毛剤の効果を十分に発揮させるには、表面にとどまらずに頭皮内部にまで浸透する育毛剤を選ぶことが大切です。

頭皮の奥まで浸透する育毛剤かどうかを見分けるには、有効成分がナノ化されたタイプを選ぶのが有効です。

ナノ化とは「超・微細粒子化」を意味していて、ナノ化されている成分は毛穴よりも小さいため頭皮に十分浸透していってくれます。

効果を最大限引き出すために、ナノ化されている育毛剤を選ぶようにしましょう。

育毛剤が深層まで浸透するように工夫されているものを選ぶことも大事なポイントですよ。

 

頭皮への負担の少なさにも注目

頭皮ケア 育毛剤 女性用

頭皮の状態も薄毛に大きな影響を与えます。

自分の頭皮に合っていない育毛剤を使い、それが頭皮への負担になってしまえば本末転倒です。

特に、敏感肌やアレルギー肌の人は頭皮への刺激に弱いので注意しなければいけません。

頭皮環境の悪化や出産後などでホルモンバランスが乱れている人も、頭皮はひどく乾燥しダメージを受けやすい状態になっています。

育毛剤はすぐに効果が得られるというものではないので、長期間安心して使える無添加のものを選ぶようにしましょう。

化学成分が入っている育毛剤を選んでしまうと、使用後頭皮にヒリヒリとした刺激を感じたり症状が悪化したりする可能性があります。

石油系界面活性剤やパラベンなどが配合されている育毛剤は避け、できるだけ頭皮への負担がすくない低刺激なものを選ぶことが重要です。

 

女性に合わせて作られている女性用育毛剤

育毛剤 女性用

女性用育毛剤は、容器や香りだけが女性向けに作られているわけではありません。

配合されている成分にも違いがあります。

これは、男性と女性とでは薄毛、抜け毛になる原因が異なることが理由です。

男性が脱毛になるメカニズムは主に男性ホルモンの影響によるもので、女性の場合は女性ホルモンが影響していることが多いです。

男性は男性ホルモンが過剰に分泌されることで頭皮環境が乱れるのに対し、女性は女性ホルモンの低下で髪のサイクルが乱れやすくなります。

また、女性の場合、過度なダイエットや栄養バランスの乱れ、ストレス、睡眠不足などによっても引き起こされます。

育毛剤 女性用 ストレス

男性と女性とでは薄毛の対処が異なるため、女性用育毛剤と男性用育毛剤に配合されている成分も大きく異なるのです。

どちらも髪の成長を促し頭皮環境を改善するという部分では同じですが、女性用育毛剤は栄養成分や保湿成分をメインに配合し頭皮環境の改善、女性ホルモンの分泌をサポートするのが一般的です。

一方の男性用育毛剤は、皮脂分解成分や男性ホルモン抑制作用に効果のある成分をメインに配合し、皮脂の分泌を抑えつつ男性ホルモンの抑制を目的として作られます。

また、男性用育毛剤は清涼剤などが配合されていることが多く、刺激が強いのが特徴です。

育毛剤の効果がそもそも異なるため、女性は男性用育毛剤ではなく女性専用の育毛剤を使うのがベストです。

女性の場合、男性用の育毛剤を使っても効果が見られない可能性が高いですし、副作用の恐れも考えられます。

女性特有の薄毛の悩みに着目し、女性が安心して使える成分が配合されているかどうかという点が女性用育毛剤と男性用育毛剤の大きな違いです。

育毛剤のなかには男女兼用のタイプもありますが、そちらを選ぶ際は効果・効能をきちんとチェックして頭皮の悩みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

使い心地のよさや使いやすさも軽視できない

育毛剤 女性用

基本的に、育毛剤はすぐに効果があらわれるわけではないため長期間使い続けなければいけないものです。

そのため、容器の形状やにおい、粘度、刺激などにも注目することが大切です。

使い心地の良さや使いやすさといったポイントに目を向けることは、女性が育毛剤を使ううえでは欠かすことができない要素になります。

毎日使用することになるため、できるだけストレスを感じないものを選んで薄毛対策を行うようにしましょう。

たとえば、容器がスリムで持ちやすく使いやすいこと、香料が苦手な人は無香料を選ぶことなどできるだけ自分の好みに近いものを選ぶことが大切です。

粘度の高さは使いやすさや使い心地に直結するので、お試し用があれば先に使って使用感をチェックしておきたいものです。

清涼剤が配合されているものは人によっては刺激が強いことがあるため、成分表にしっかりと目を通しておくようにしましょう。

口コミを見るのも有効的な手段です。

女性は、育毛剤を使用していることをなるべく他人に悟られたくないと感じる人が大半です。

購入してからいかにも育毛剤を使っているというにおいで使えないという事態にならないためにも、安心して使える自分にぴったりの育毛剤を見つけてください。

 

続けやすい値段かどうかも大事なチェックポイント

育毛剤 女性用

育毛剤を選ぶときは値段の安さだけで選んでしまうと失敗する確率が高くなります。

ただ、値段もチェックポイントに加えておく必要があることも事実です。

初めて育毛剤を使用するからといって意気込んで高額な育毛剤を購入しても、継続することが困難になり薄毛対策へのモチベーションはみるみるうちに下がってしまうことでしょう。

育毛剤は継続的に使用して初めて効果が期待できるものです。

一般的に、育毛剤は最低6カ月の継続使用が推奨されています。

1カ月や2カ月といった短期間のうちに使用を止めてしまうと、育毛剤の効果を実感することはできないのです。

育毛剤 女性用

人間の髪が1カ月で伸びるのは約1cm、産毛ですと約1mmです。

これはあくまでも正常なヘアサイクルの成長なので、頭皮トラブルがある人の場合は伸びるスピードはこれよりも遅いです。

育毛剤の効果は使用開始してから、抜け毛が減る、髪にハリやコシが出てくる、ボリュームが出てくると段階的に変化が訪れます。

これらの変化があらわれるまでに最低6カ月は必要というわけです。

人によっては効果があらわれるまでに1年かかるケースもあります。

どのような育毛剤であれ、使用してすぐに効果が見られるということはほとんどありません。

長期で使用できるかどうかが効果を実感できる鍵になります。

できるだけ長く使用できるように、金銭的に負担の少ない育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

自分に合う育毛剤を選ぼう

育毛剤 女性用

育毛剤は配合されている成分が商品ごとに異なります。

有効成分を1種類しか配合していないものもあれば、複数の有効成分を配合しているものもあります。

自分の薄毛の原因を突き止めたら、原因に有効的な成分を配合している育毛剤を選んでいきましょう。

浸透力、使用感、値段もチェックすることも忘れずにしてください。

さまざまなポイントで比較しながら、自分の悩みを解消するのに適した育毛剤を選ぶことがもっとも重要です。

自分の頭皮や症状に合わない育毛剤で、失敗しないように注意しましょう。

 

最新育毛剤ランキングは下記を参考に

→女性用育毛剤!人気ランキング【最新版】2018 評判のいいものを厳選!

 

-女性用育毛剤

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.