女性用育毛剤

女性用育毛剤はどう選ぶ?おすすめのチェックポイント5選

更新日:

薄毛は男性だけの悩みではなく、女性だからこそ気になる悩みでもありますよね。

頭皮ケア 女性 育毛剤

女性用育毛剤も市販されていますが、正しく選ばないと状態が悪化してしまうかもしれません。

そこで、女性が育毛剤を選ぶ際のチェックポイントを5つ紹介していきます。

 

女性用の育毛剤であることを重視

女性の薄毛に対しては、男女兼用の育毛剤を使用することができます。

ヘアケアに不満な女性

しかし、薄毛の原因は基本的に男女によって異なるため、女性用のものを選んだほうが良いでしょう。

薄毛はホルモンバランスの乱れで起こることがあります。

 

男性が薄毛になる原因の一つには男性ホルモンの過剰な分泌が指摘されていますが、女性の場合は女性ホルモンの減少が原因の一つであるとされています。

 

エストロゲンの減少は加齢とともに必ず起こるものであり、女性にとっては避けて通れない道です。

このように、同じ薄毛でも男性と女性では原因が異なるため、対処法にも自然と違いが生まれます。

 

したがって、女性が男性用の育毛剤を使用しても思うような効果が出ないことも多いので、女性は女性の薄毛原因やホルモンバランスに合わせて開発された女性用の育毛剤を選んだほうが安心だといえるでしょう。

 

有効成分の種類と量を見比べる

育毛剤選びでチェエクしておきたいことは、育毛に関する有効成分がきちんと含まれているかということです。

育毛剤 女性用

もしも、有効成分がほとんど入っていなかったり、入っていても少量だったりする場合には、育毛剤としての効果は期待できません。

 

有効成分が何種類含まれているか、どれくらいの量が含まれているかは、購入前に必ずチェックしておくことが大事です。

育毛剤の有効成分には、男性ホルモンを抑制するプラセンタエキスやホホバオイルなど、頭皮を保湿するヒアルロン酸やトレハロースなど、血行を促進するシャクヤクエキスなどがあります。

 

その他にも、頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムや頭皮を殺菌するイソプロピルメチルフェノール、毛母細胞を活性化させるアデノシンなども有効成分となっています。

 

ただし、有効成分といってもたくさん配合されていれば良いというわけではありません。

量や濃度によっては、刺激が強すぎて頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

 

基本的に頭皮が強い男性用の育毛剤のほうが有効成分の配合量は多く、頭皮が弱い女性用の育毛剤は配合量や濃度は薄くなっています。

このことからも、女性は女性専用の育毛剤を選ぶべきだといえます。

 

添加物や香料などをチェック

添加物や香料など、有効成分以外のものが含まれている育毛剤はできるだけ使用しないのがポイントです。

女性 白髪ヘアチェック

必ずしも無添加・無香料にこだわる必要はありませんが、必要のない成分が添加されていると、頭皮や髪に何らかのトラブルが起こりやすいので注意しなければなりません。

 

添加物が入っている場合には、なぜその成分が添加されているかを調べてみてください。

 

添加物のなかにもトラブルを引き起こす可能性が低いものもあるので、100%完全添加物ではなくても育毛効果を実感できるものもあります。

しかし、なるべく不要なものは含まないものを選ぶようにしたほうが、意味のないリスクを回避できるでしょう。

 

女性用の育毛剤に含まれている添加物で代表的なものは、エタノールやアルコールなどの防腐剤や合成着色料、香料などです。

着色料や香料のなかには天然由来のものもあり、人工的に合成されたものよりは頭皮や髪に与える影響は少ないといわれています。

 

どうしても着色料や香料が含まれているものを使用する場合は、できるだけ天然由来のものを選ぶようにし、合成のものは避けるようにしてください。

 

とりわけ、イエロー5号などの合成着色料は肌にとって悪影響を与えるとされており、含まれている場合には逆に育毛を阻害する危険性すらあるので注意しましょう。

 

医薬部外品かどうかに注目

育毛剤には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類があります。

かゆみ 頭皮

医薬品は医師の処方によるもので、手に入れるためには医師の処方箋が必要です。

 

処方箋を手に入れるためにはもちろん病院へ行く必要があるため、ドラッグストアなどで市販の育毛剤を気軽に購入したい場合には、医薬部外品か化粧品かをチェックすることになります。

 

化粧品とは、認可された育毛の有効成分を含まない育毛剤なので、育毛効果や頭皮に対する安全性は担保されていないと考えられます。

 

育毛効果があまりないため、副作用もほとんどないのが特徴です。

しかし、化粧品としての育毛剤は、育毛スキンケアなどとして販売されているものもありますが、なかには添加物が含まれているものもあるため、頭皮や髪にダメージを与えてしまう可能性は否定できません。

 

そのため、髪の悩みを本気で解決したいのなら、ドラッグストアなどでは医薬部外品を選ぶべきでしょう。

医薬部外品には、厚生労働省が認可している薬用育毛成分が一定量含まれているため、育毛効果が期待できます。

 

ただし、医薬部外品は医薬品よりも効果が緩やかであり、髪の毛が全く生えていない部分に毛を生えさせるような完全治癒は期待できません。

完全治癒を目指すなら、医師の指導のもと医薬品を利用するほうが適しています。

 

一方で、医薬部外品にもメリットがあります。

 

それは、医薬品と比べて副作用が少ないため、肌が弱い人や薄毛がまだあまり進んでいない人の予防対策におすすめという点です。

医薬品の副作用には、たとえばミノキシジルによるものがあります。

 

ミノキシジルは血管を広げて血行を良くするため育毛効果があるとされていますが、その分血管や心臓に負担をかけたり血圧低下を引き起こしたりするリスクも併せ持っています。

 

医薬部外品には、医薬品と比べて効果は薄いものの、優れている点もあることを覚えておいてください。

 

コストパフォーマンスも重要

育毛剤は一時的に利用するものではなく、基本的には継続的に使用しなければならないものです。

そのため、自分に合った商品をできるだけ長く購入し続けることが重要なポイントです。

 

もしも、初めに奮発して高価な育毛剤を購入してしまったら、その後同じものを購入し続けることは難しくなるでしょう。

育毛剤を購入する際は、コストパフォーマンスにも注目して選ぶようにしてください。

 

人によって継続的に払える金額が異なるため、いくらなら払えるかをきちんと把握しておくことが大切です。

 

その際には、1カ月あたり育毛剤にいくらくらいまでなら使えるかを考えて計算すると、おおよその金額が算出できるでしょう。

 

育毛剤は商品によってボトルの大きさが異なるため、商品が何ミリリットルのものかもチェックし、1回の目安量から1つのボトルで何日程度使えるかを考えてください。

 

おすすめは薄毛原因に合う育毛剤

女性用育毛剤を選ぶときには、自分の薄毛の原因を知ったうえで適切なものを選ぶことがポイントです。

 

女性でも薄毛に悩んでいる人は多く、頭髪医療の専門医を訪れる女性全体の15%が30代で、27%以上が40代となっています。

 

薄毛を気にし始めた理由には、髪にボリュームがなくなったり、抜け毛が多くなったりといったことが挙げられます。

女性の場合、出産や閉経など、人生のなかでホルモンバランスに変化が起こることは多いです。

 

30代や40代でも、まだ自分は若いからといって安心せずに、髪に変化が見え始めたらできるだけ早いうちに対処や予防をしていきましょう。

ホルモンバランスの変化はいつか必ず起こるものです。

 

いざそのときになって慌てないためにも、いつまでもボリュームのある若々しい髪をキープする方法を身につけていきましょう。

いつまでも美しい髪とともに、人生を快活に過ごしていってください。

 

女性用育毛剤をさらに詳しく

女性用育毛剤!人気ランキング【2018最新版】女性専用育毛剤の効果を比較。頭皮に優しい育毛剤を厳選。

-女性用育毛剤

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.