女性用育毛剤

種類が豊富な女性の育毛剤!期待できる効果に差はあるの?

更新日:

女性で薄毛や抜け毛が気になりはじめたら、脱毛が進行するのを防ぎたいと考えるでしょう。

女性 薄毛

薄毛で悩んだら育毛剤の使用も検討する場合がありますが、育毛剤は配合成分ごとに期待できる効果は異なるといわれています。

 

この記事では、女性特有の薄毛症状や育毛剤の選び方などについて解説します。

女性が気にする薄毛の症状とは?

育毛剤 女性用

女性が気にしている薄毛については、男性の薄毛とは症状が異なるといわれています。

女性が育毛剤を使うきっかけになる薄毛の症状には、いくつかのものが挙げられます。

 

まず、更年期などでは分け目が急に目立つようになってきたり、髪のボリュームがなくなってぺったんこになったりします。

これは、「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状です。

 

次に、出産を経験した女性のなかには、出産後に抜け毛が増えて頭皮が目立つ「出産後脱毛症」に悩む人もいます。

 

さらに、びまん性脱毛症の一種の「FAGA」「女性男性型脱毛症」と呼ばれており、ホルモンの分泌が影響していることが多く、更年期の女性に見られるのが特徴です。

育毛剤 女性用

FAGAは頭皮全体が薄くなることから、症状が進行する前に有効な対策を取る必要があるといえるでしょう。

薄毛が気になる女性が育毛剤を使用するときには、これらの原因に合った育毛剤を選んで使うことがポイントです。

びまん性脱毛症に効果を発揮する育毛剤の特徴は?

抜け毛 女性 何科 びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は比較的女性に多く見られ、地肌が広範囲に渡り透けるように薄くなってしまう症状のことをいいます。

実は、びまん性脱毛症が発生する原因にはさまざまなことが考えられています。

 

具体的には、加齢によるホルモンバランスの乱れ、ストレスによる自律神経の乱れ、頭皮の血行不良、間違ったヘアケアなどが挙げられます。

 

これらの原因からもわかるように、びまん性脱毛症には、頭皮にストレスをかけずに血行を促進する育毛剤がおすすめといえるでしょう。

一般的に、びまん性脱毛症では頭皮にトラブルが起こっているケースが多いといわれています。

 

そのため、頭皮環境を整えることを重視して、育毛剤を選ぶようにするのがベストな選択といえるでしょう。

 

出産後脱毛症には安心して使えるものを

産後 抜け毛

出産を経験した女性のなかには、出産後のひどい抜け毛に悩んでいる人も多いでしょう。

抜け毛の量があまりにも多いと、不安がどんどんつのっていくものです。

 

出産後脱毛症は、ホルモンバランスが乱れていることが原因と考えられています。

 

出産後は、細胞を活性化させたり、髪の毛の生え変わりを維持したりしている黄体ホルモンが減少してしまい、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

 

さらに、ホルモンバランスの乱れによって髪の毛が生え変わるスピードも遅くなってしまうことから、抜け毛の症状が起こっているといえるでしょう。

出産後は、頭皮が刺激に弱くなっている時期であるということも考慮すると、刺激が少なくストレスを感じにくい育毛剤を選ぶことが大切です。

 

FAGAなら5αリダクターゼの抑制も必要

女性 薄毛

「女性男性型脱毛症」と呼ばれるFAGAは、男性のAGA(男性型脱毛症)と同様に、5αリダクターゼの活動を抑制する成分を含む育毛剤が効果的だといわれています。

 

5αリダクターゼとは、頭皮にある還元酵素のことです。

この5αリダクターゼが毛根に悪影響をおよぼすことから、抜け毛の発症を抑えるためには5αリダクターゼの働きを阻害して、過剰分泌を抑制することが欠かせないといわれています。

 

FAGAは、ホルモンバランスの乱れが原因という点では、びまん性脱毛症と同じです。

しかし、FAGAに関しても男性特有のAGAと同じメカニズムで脱毛が起こるため、根本的な原因にアプローチする必要があります。

 

したがって、育毛剤を選ぶときには、FAGAに対する有効成分を含んだ育毛剤を選ぶことが大切といえるでしょう。

医薬品と医薬部外品と化粧品の差

女性薄毛 病院

薄毛の症状の進行を防ぐために、女性用の育毛剤を選ぶときのポイントを押さえておく必要があります。

育毛剤を選ぶときには、医薬品か医薬部外品か、化粧品かという点に着目することが大切です。

 

医薬品や医薬部外品、化粧品のどの育毛剤を選ぶかによって、効果に差があると知っておきましょう。

 

まず、医薬品については、薬事法に基づいて有効成分を記載することが可能です。

そのため、育毛剤としての効果は期待できますが、副作用が起こる可能性もあります。

 

次に、医薬部外品は、厚生労働省に認められた範囲の有効成分については、その効果を謳うことができるのが特徴です。

ただ、医薬部外品は、医薬品と比較するとその効果は穏やかといわれています。

 

その分、副作用の心配が少なく、予防向きという側面があるのです。

また、化粧品については効能効果を謳えないため、商品に有効成分を記載することはできません。

 

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いについて知っておき、育毛剤を選ぶときの参考にすると良いでしょう。

 

男性用育毛剤の使用はNG

育毛剤 女性用

「薄毛の対策には育毛剤が有効」というイメージが強いことから、「育毛剤と名がつくものであれば、どの商品を使っても良い」と勘違いされることがしばしばあります。

 

いくら効果が期待できる育毛剤であったとしても、女性の薄毛に対して男性用育毛剤を使用するのは良いことではありません。

 

AGAなど男性特有の薄毛に効果があるという男性用育毛剤については、あくまでも男性のホルモンバランスを基準に作られています。

また、男性用育毛剤は、男性に対する臨床試験のデータで認可されていることなども、女性が男性用育毛剤を使用してはならない理由として挙げられます。

 

多くの女性の薄毛は、男性の薄毛とは原因が異なります。

そのため、男性用の育毛剤の使用は、頭皮や毛母細胞に悪影響を与えることにもなりかねません。

 

女性が育毛剤を選ぶとき、「男性用育毛剤は基本的には使うことができない」と心得ておきましょう。

 

育毛サプリの併用で相乗効果を狙う

サプリメント 白髪 治し方

育毛については、頭皮環境を整えたり血行を改善したりするなど、身体の内側からのアプローチも必要です。

一方、育毛剤の働きに関しては、外からのアプローチといわれています。

 

育毛剤の働きを助けるためには、飲む育毛剤として育毛サプリの併用もおすすめです。

育毛サプリの成分としては、ビタミンやミネラルに加えて、イソフラボンやカプサイシンを含むものが多いという特徴があります。

 

まず、ビタミンやミネラルなどは髪の発育に不足している栄養素を補ってくれるものです。

そして、イソフラボンやカプサイシンなどからは、発毛に有効とされている特殊な成分を摂取することができるといわれています。

 

薄毛対策として、髪に必要な栄養素が不足していると感じるのであれば、サプリメントを使って体内から補ってあげるという方法がおすすめです。

育毛剤と育毛サプリを併用することで、育毛の相乗効果を生み出していきましょう。

 

生活を見直して育毛剤の効果を高めよう

頭皮ケア

薄毛には、生活習慣の乱れやストレスなどが大きく関係しています。

そのため、どんなに高価な育毛剤やサプリメントを使ったとしても、毎日の生活が乱れていては、それらの効果が十分に発揮されない可能性があります。

たとえば、極端なダイエット、食生活の乱れ、喫煙などを繰り返している場合には、生活そのものを見直す必要があるといえるでしょう。

バランスの良い食生活を心がけたり、質の良い睡眠を十分に取ったり、適度にストレス発散をしたりするだけでも、薄毛対策につながる可能性があるのです。

急に生活を変えることは大変ですから、取り組みやすいところから少しずつ生活の質を上げるような行動を起こしていくことが大切です。

薄毛や抜け毛に悩んでいる女性が育毛剤をより効果的に使用するためには、毎日の生活の見直しが欠かせないと心得ておきましょう。

→女性用育毛剤!人気ランキング【最新版】2018 評判のいいものを厳選!

-女性用育毛剤

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.