抜け毛対策

抜け毛に悩む女性が絶対に知っておくべきホルモンのこと

投稿日:

女性の抜け毛の悩み。

女性の薄毛の悩み。

 

この悩みに大きく関わっているのが、女性ホルモンです。

 

女性ホルモンと女性の髪の毛は、深くかかわっています。

 

少し掘り下げてみたので、参考にしてくださいね。

 

女性ホルモン

女性ホルモンには2種類存在します。

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

特に髪の毛に関わっているのは、エストロゲンです。

 

エストロゲンは女性のキレイに深くかかわっています。

女性のクビレがキレイなのもエストロゲンが関わっています。

髪の毛が艶々で奇麗なのもエストロゲンのおかげです。

 

このエストロゲンは残念なことに、人によって差はありますが30代の半ばから減少することが決まっています。

40代の中頃には、全盛期の半分ほどに。

 

その頃の髪の毛は、潤いをなくしパサパサしてきます。

若いころはキレイなストレートヘアだったはずなのに、年と共に変なクセ毛になってきていませんか?

 

これは、女性ホルモンの減少が関わっています。

10代の女性の髪は、潤いがあって艶があって本当にキレイですよね。

 

40代半ば頃は、更年期障害の始まる年代でもあります。

女性ホルモンの減少は女性の身体に大きな影響を与えます。

 

産後も女性ホルモンが急激に減少します。

赤ちゃんに必要な体になるために、妊娠中はエストロゲンがドンドン作られます。

出産すると、急激にエストロゲンが減少します。

 

だから産後の抜け毛に悩むママが非常に多いんですね。

 

エストロゲンは、年齢と共に少なるなるけど女性にとって非常に大事なホルモンです。

 

薄毛のメカニズム

どうして女性ホルモンのエストロゲンが減少すると抜け毛が増え薄毛になるの?

 

エストロゲンが減少すると一番大きなダメージにつながるのは、潤い不足です。

お肌に大事な潤いがなくなります。

 

頭皮も顔も同じお肌です。

頭皮の潤いがなくなると、最悪のケースでは慢性の脂漏性脱毛症という症状になります。

 

エストロゲンの減少が抜け毛を増やす、薄毛の原因になるのは次の通りです。

  1. エストロゲンの減少
  2. 潤いがなくなる
  3. 頭皮が乾燥する
  4. 小さなフケがでる
  5. フケが毛穴を塞ぐ
  6. 皮脂がフケと混じる
  7. 常在菌のマラセチア菌が増殖する
  8. 頭皮湿疹になる
  9. 脂漏性皮膚炎
  10. 脂漏性脱毛症に

一番最悪のケースを紹介しましたが、潤いがなくなった頭皮はカチカチです。

頭皮が硬くなることを糖化と言います。

 

糖化は本当にやっかいです。

タンパク質と余分な糖分が結び付き最終糖化生物という物質が生まれ、頭皮が硬くなり血行が悪くなります。

毛乳頭細胞もドンドン老化が進みます。

 

糖尿病のハゲオヤジをイメージするとなんとなく糖化の恐怖がわかると思います。

血液中の余分な糖分が頭皮を硬くして髪の毛を抜けさせてツルツルに。

 

糖尿病の気がある人は、頭皮の糖化に注意が必要です。

 

また、アラフォー女性も潤いがなくなっているので糖化に注意が必要です。

 

頭皮は髪の毛を育てる畑です。

フカフカの土壌で根がひろがりやすい畑をイメージしてください。

 

それとは逆に、カチカチに踏まれた土にはなかなか作物は育ちません。

 

頭皮が硬くなると髪の毛は抜けます。

そして育ち辛くなります。

 

髪の毛が抜けると、単純に栄養が不足しているからだと決めつける人が多いですが、それは違うと思います。

 

大事なのは髪の毛を育てる環境です。

その環境は頭皮環境です。

 

頭皮の環境が悪い。

畑の状態が悪い。

状態が悪い畑では何も育ちません。

 

女性ホルモンを補う

女性ホルモンは30代以降からドンドン減少します。

これは、女性として止めることのできない体の仕組みです。

 

ただ、外部から補う事はできます。

補った人と、放置していた人の差は年々開きます。

 

女性ホルモンをどうやって補えば良いのか?

 

最近の研究結果で分かったことが、大豆イソフラボンの化学式とエストロゲンの化学式が酷似していること。

減少した分全てを補えなくても、大豆イソフラボンを吸収することで体のエイジングケアが可能になります。

大豆イソフラボン

大豆系の食事を意識して食べるだけでも、意識しない人とは変わります。

もっと、効果を感じたい人は大豆イソフラボン系のサプリメントで補うこともオススメです。

サプリメントは、1日〇粒と管理しやすいのがメリットです。

 

ただ、人によって大豆イソフラボンの効果がものすごく感じられる人と、そうでない人がいます。

エクオールという言葉を聞いたことがありますか?

 

大豆イソフラボンを腸から吸収するときに、ダイゼインという大豆イソフラボンのまま吸収する人と、エクオールという成分として吸収する人がいます。

エクオールという成分として吸収する人のほうが、あきらかにエストロゲンの代替えとしての機能を果たします。

 

エクオールを作ってくれるのは、腸内細菌です。

ヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでいますが、その中に、大豆イソフラボン(ダイゼイン)をエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかり、このエクオール産生菌がいる(活動している)かどうかが重要だということがわかりました。

 

エクオールを作れる人の確率は、日本人は約半分。

50%の割合です。

 

昔の日本人の髪の毛がキレイな黒髪だったのは、大豆系の食事をたくさんしていたからかもしれません。

大豆は毎日食べることが大事と言われていました。

 

毎日食べて、女性ホルモンの減少・エストロゲンの減少を補う事を意識しましょう。

 

 

 

 

 

-抜け毛対策

Copyright© 女性の薄毛はこれで改善出来る , 2017 All Rights Reserved.