シャンプー ヘアケア

頭皮のニキビ?本当の原因はカビ?正しい対策とケア方法!

更新日:

ずっと頭皮のニキビで悩んでいました。

ニキビ付近の抜け毛にも

悩んでいました。

 

でも、私は頭皮ニキビではなかったです。

頭皮ニキビ

ちゃんと症状を確認して

原因と対策を理解すると

私は良くなりました。

 

ふさ子

頭皮ニキビなのかどうなのかを

きちんと知る方法と

症状別の対策をご紹介しますね。

 

カビ(真菌)の存在

カビと聞くと不潔でジメジメした所にしかいない気がします。

しかし、人間には色んな菌が存在しています。

 

  • 黄色ブドウ球菌
  • アクネ菌
  • 癜風菌
  • カンジダ菌
  • 白癬菌
  • マラセチア菌

などです。

頭皮に関係している菌は、癜風菌(でんぷうきん)やマラセチア菌が存在しています。

脂漏性皮膚炎は癜風菌によって皮脂が脂肪酸に分解されて起こる炎症と考えられています。

 

頭皮ニキビ・頭皮のデキモノはアクネ菌とマラセチア菌のどちらかが関係しています。

 

頭皮のニキビ

頭皮ニキビの原因は

皮脂が毛穴を詰まらせて

毛穴の中でアクネ菌が増殖。

 

増殖すると炎症をおこし

それが頭皮ニキビになります。

頭皮ニキビ2

皮脂が毛穴を詰まらせるのは

毛穴付近の頭皮のターンオーバーに

異常をきたすからです。

 

ターンオーバーの異常の原因は

  • 合わないシャンプー
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 女性ホルモンの変化
  • 食生活が悪い

などです。

 

ただ、注意するべき点はニキビと勘違いしやすい皮膚炎の可能性もあります。

 

頭皮にはアクネ菌より

常在菌(表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア菌、)

などが有名です。

 

それ以外にも

200種類以上の菌が

常在しているそうです。

 

マラセチア菌が毛穴に入ると炎症を引き起こします。

症状は頭皮ニキビと同じようなブツブツや膿疱でかゆみもあります。

 

注意しないといけないのは、頭皮ニキビと思って勝手な判断で治療を行うと治るまでに時間がかかることもあります。

 

かみ先生
頭皮湿疹・皮膚炎については次で詳しく説明します。

 

頭皮湿疹

頭皮湿疹

先ほどちょっと触れましたが

頭皮の異常による

  • かゆみ
  • ベタツキ
  • 赤み

などの症状がでます。

 

皮脂の異常分泌も

原因の一つですが

 

頭皮の乾燥も

皮脂が多くでて

頭皮の炎症につながります。

頭皮湿疹 女性

 

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は毛穴にマラセチア菌が入り炎症を起こします。

やがて、毛穴が膿んでニキビと似た症状をおこします。

 

やっかいなのが、マラセチア菌が全身に広がったりする可能性があることです。

頭皮だけに存在している菌ではないので、注意が必要です。

 

汗や皮脂をものすごく好むので頭皮環境を整える必要があります。

洗いすぎによる頭皮の乾燥からマラセチア毛包炎になるケース。

汗や皮脂が頭皮に残っていることからマラセチア毛包炎になるケース。

 

頭皮を一番ニュートラルで良い状態に保つ必要があるので、ヘアケア商品は注意して選ぶ必要があります。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

頭皮湿疹の代表的な症状です。

 

皮脂腺が多い頭皮で起こりやすい症状です。

症状は

  • かゆい
  • 赤くなる
  • 皮膚があれる
  • カサつく
  • ベタツク

などです。

 

放置すると皮脂が酸化して

異臭をはなちます。

脂漏性脱毛症 脂漏性皮膚炎

赤ちゃんの頭皮にも

良くでる症状ですが

赤ちゃんは自然に治ることが

ほとんどだそうです。

 

ふさ子

成人は

慢性化することが多いので

注意が必要です。

 

疑いがある時は

近くの皮膚科で

診てもらいましょう。

 

ケア方法は毎日の洗髪で過剰な皮脂を取り除きます。

その後、皮脂の異常分泌を抑えるために保湿も必要です。

 

シャンプーは低刺激のものを選びましょう。

刺激が強いと逆効果になることもあります。

 

シャンプーの温度も人肌程度に。

高すぎると頭皮にダメージを与えるので、40度前後がベストです。

 

体内からのケアはビタミンBを意識してとりましょう。

豚肉、レバー、豆類などに多く含まれています。

 

外食が多い人や偏食気味の人はサプリなどで補うのも有効です。

 

アトピー性皮膚炎

脂漏性皮膚炎と似た症状がでます。

 

基本的には

ハウスダスト

ダニ・カビに反応するそうです。

 

かみ先生

最近では

マラセチア菌に対して

反応を示す人が増えているそうです。

 

シャンプーなどの刺激物にも反応を示します。

 

脂漏性皮膚炎と同様、

皮膚科でアレルギー症状を

診てもらいましょう。

 

ケア方法は汗がかゆみを増殖させるので、こまめに汗を拭く必要があります。

刺激を与えないように、優しく抑えながら拭くのがコツです。

速乾吸収のタオルが汗を吸い取るのでおすすめです。

 

共通する対策

シャンプーが合っていない。

シャンプーのやり方が間違い。

リンス・トリートメントが合っていない。

 

ヘアケアの見直しから始めましょう。

 

先ず見直してほしいのは

洗浄力の強いシャンプーは変えましょう。

 

頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、

頭皮のターンオーバーの異常、

そして皮脂の過剰分泌につながります。

 

皮脂の過剰分泌は

毛穴の詰まりにつながります。

 

ふさ子

アミノ酸系のシャンプーで

天然のオーガニックシャンプーがおすすめです。

 

あとは、

香料などの合成成分が入っていないこと。

 

頭皮に優しいことを重視。

 

そのなかでも

弱酸性で頭皮のPHと

同じPHのシャンプーがベストです。

 

できるだけ頭皮に違和感がないシャンプーが

頭皮ニキビや頭皮湿疹。

 

アトピー性皮膚炎の人にも使えます。

 

私は美容師さんに紹介してもらいました。

 

使い始めて

半月くらいで

かゆみやピリピリ感が治まりました。

 

今だけ半額以下で購入が出来ます。

2回目以降も同じ価格で購入できる

キャンペーン中です。

 

使い始めて合わないなーって感じたら

15日間返金保証もついているので

試す価値はあるとおもいます。

 

こちらから

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

女性 薄毛TOPへもどる

-シャンプー, ヘアケア

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.