シャンプー

頭皮のかゆみがおさまらない!○○を間違えている人が50%以上?実は

更新日:

『ふとした時に、ものすごく頭がかゆい。』

『頭皮がかゆくてしかたない。』

『無意識でかいているから気づいたらフケがいっぱい。』

『ニオイが気になる』

 

 

フケが出ていなくても、頭をかいているのを見ると不潔に思うそうです。

頭 頭皮 かゆい フケ

 

頭のかゆみ=頭皮のかゆみです。

 

頭皮のかゆみには種類があります。

 

どうして頭皮がかゆくなっているのか?

どうすれば頭皮のかゆみを抑えられるのか?

 

正しく原因とケア方法を知る必要があります。

 

時間のない人は目次を表示してポイントだけ飛ばし読み!

頭皮のかゆみの原因

まず原因には

  1. 頭皮の性質
  2. ヘアケア商品の影響
  3. ヘアケアの間違ったやりかた

大きく3つに分けることができます。

 

頭皮の性質

頭皮の性質とは

  1. 敏感肌
  2. 乾燥肌
  3. 脂性肌
  4. 混合肌

などがあげられます。

敏感肌の人

敏感肌の人は、外部からの刺激に対してかゆみで信号をだしています。

ということは、自分の頭皮に合わない刺激が起きていると考えてもいいと思います。

 

シャンプーであったりトリートメントであったり。

紫外線に対してもそうです。

パーマやカラー剤に反応する人もいます。

 

寒暖差でかゆみが起きる人も。

 

低刺激ということが一番のポイントです。

 

乾燥肌

肌は乾燥するとかゆみで教えてくれます。

冬の乾燥シーズンはかゆくて仕方がないという人もいます。

 

頭皮もお肌と同じです。

乾燥するとかゆみがでます。

 

どうして乾燥するとかゆくなるのか?

 

ふさ子
それは、頭皮のバリア機能が失われているからです。

 

保湿というのは大まかにいうと水分や油分のバリアです。

お肌を守るために薄くバリアを張っています。

 

乾燥肌の人はバリア機能が弱い。

だから、外部からの刺激に対してかゆみで知らせています。

 

シャンプーの見直しや頭皮の保湿に注意が必要です。

 

脂性肌

脂性肌の人は洗いすぎでかゆみを発症している事が多いです。

頭皮は顔のTゾーンの2倍以上の皮脂量があります。

 

ふさ子
徹夜明けで髪がベタついているのは、そういう理由からなんですね。

 

皮脂量が多いからシャンプー・洗髪をしてスッキリと洗い流したいという欲求がおきます。

 

これが大きな間違いでした。

 

洗いすぎると必要な皮脂がないと勘違いして、皮脂を過剰に分泌します。

 

過剰に分泌されると、もっと洗わないとって思います。

 

これが、ものすごく悪いスパイラルに入ります。

 

洗いすぎないことに意識する必要があります。

 

混合肌

お肌に混合肌があるように、頭皮もあります。

わたしは、おでこの生え際は乾燥気味だけど頭頂部やうなじは脂性肌というケースです。

 

その反対のケースもあります。

 

混合肌でも大事なことは、頭皮の保湿です。

 

保湿不足が乾燥につながり、かゆみを発症します。

 

洗いすぎないこと。

頭皮の保湿に注意すること。

 

シャンプーなどの影響

今あなたが使っているシャンプーは、自分に合っていると自信を持って言えますか?

 

うすい
わたしは、今でも言えません。。

 

自分の頭皮の状態・頭皮の性質をハッキリと認識できていないからです。

 

ただ、

『このシャンプーにしてからフケがよく出る』

『このシャンプーはスッキリ感があるけど、次の日なぜかかゆみが。。』

シャンプー変えたときあるあるです。

 

頭皮が強く敏感でない人は(言い方がよくないですが。。)シャンプーを変えても気になる人は少ないと思います。

シャンプー かゆみ

頭皮のかゆみに悩んでいる人は、自分に合うシャンプーやトリートメントなどのヘアケア商品を使う必要があります。

 

合わないヘアケア商品を使っているということは、毎日頭皮に刺激を与えているのと同じです。

 

間違ったシャンプーのやりかた

わたしの友人で二人の娘の母親でもあるA子。

わたしを含め4人でスーパー銭湯にいった時の光景です。

 

A子が

『もっとゴシゴシ頭を洗いなさい!』

娘たちに言っていました。

 

わたしも当時母親に同じように言われていました。

 

でも、ゴシゴシ洗うのって間違いですよね。

 

頭皮ってお肌と同じです。

 

昔は男性用洗顔料にスクラブが入っていて、ゴシゴシと脂をかきだせみたいな感じでした。

今では男性の洗顔料でも泡で余分な汚れと脂を吸い出すのが主流です。

 

頭皮も余分な汚れと脂は泡で吸い出すこと。

頭皮に余計な負担をかけずに、マッサージをしながら毛穴の汚れを浮き出すイメージです。

 

ゴシゴシと洗う必要はないですし、頭皮を傷つけることになるので優しく洗うようにしましょう。

 

もう一つ重要なポイントが『すすぎ残し』です。

すすぎ残しが頭皮のかゆみを起こしていることも、意外と多い頭皮のかゆみの原因です。

 

刺激

頭皮がかゆい人は、刺激に弱い可能性が高いです。

刺激といえば

  • 紫外線
  • ストレス
  • シャンプーの刺激

などがあります。

 

お肌が弱いという人は、日焼けをすると赤みが出てかゆくなります。

頭皮もお肌と同じだということは先にも言いました。

 

紫外線による影響で頭皮がかゆくなる事も。

かゆみがある人は紫外線対策も大事です。

 

かみ先生
帽子をかぶるのもいいですが、その時は蒸れないように注意してください。

 

ストレスに関しても、頭皮への影響が大きいのを意外と知らない人が多いようです。

 

頭皮の潤いは女性ホルモンと大きな関りを持っています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

 

エストロゲンの分泌が多すぎると頭皮がかさつき、プロゲステロンの分泌が多すぎると皮脂が多く分泌されベタツキます。

 

女性ホルモンがバランスよく分泌されることが、頭皮環境に大きな要因を与えます。

 

女性ホルモンはストレスがかかるとバランスを崩しやすい性質があり、頭皮だけでなく女性の体に悪影響を及ぼします。

 

無意識に頭皮をかいてしまい、傷や炎症を起こしているケースもあります。

 

知らない間に頭皮にかさぶたが出来ていたら注意が必要です。

 

シャンプーの刺激って?

シャンプーは髪の毛を洗うより頭皮を洗うものです。

髪の毛はシャンプー前にクシでとかして頭皮をすすいでいる泡で十分すぎるほどキレイになります。

サロンイメージ きれい 女性

シャンプーには4種類の洗浄成分があります。

  1. 高級アルコール系
  2. 石鹸系
  3. アミノ酸系
  4. ベタイン系

です。

 

 

高級アルコール系は脱脂力が強く、俗にいう『洗浄力が強い』シャンプーです。

主な成分

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・アルキルエーテル硫酸ナトリウム・
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸・スルフォン酸ナトリウム  など

洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意が必要です。

カサつきの原因・ベタツキの原因にもなりえます。

 

石鹸系は高級アルコール系よりも洗浄力は強くありませんが、脱脂力は高めです。

主な成分

カリ石けん素地・脂肪酸エステル・脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム  など

 

石鹸系のシャンプーは無添加シャンプーとうたっているものが多いのですが、トリートメント・リンスとセットで使う必要があります。

 

石鹸系の特徴はアルカリ性のため、シャンプーだけだとギシギシします。

必ず、トリートメントが必要です。

 

トリートメントは酸性を使う必要がありますが、敏感肌の人には合わないケースが多いようです。

 

頭皮が若く髪も太い健康な時は問題なく使えていても、頭皮環境が乱れた時にかゆみの原因になります。

 

アミノ酸系は合成界面活性剤が主な洗浄成分です。

主な成分

ココイルグルタミン酸Na・ココイルアラニンナトリウム・ココイルグリシンナトリウム・メチルアラニン  など

髪の成分に近いアミノ酸系で洗うのでマイルドな洗浄力がポイント。

頭皮にやさしいと言われています。

 

ベタイン系は赤ちゃんなどが使うベビーシャンプーによく使われています。

主な成分

プロピルベタイン・コカミドベタイン・ラウラミドプロピルベタイン  など

 

高級アルコール系や石鹸系に比べると洗浄力は弱いですが、頭皮が敏感な人や髪の毛がパサつき硬い人におすすめです。

ベタイン系のシャンプーは柔軟効果があると言われています。

 

頭皮がかゆい・頭皮トラブルの人は『アミノ酸系』か『アミノ酸系』がおすすめです。

 

スッキリ洗えた気がしないと言う人がいますが、正しい洗い方をすることで毛穴の汚れもちゃんと取れます。

 

正しいシャンプーとは

意外と知らない正しいシャンプーの方法。

わたしはカラスの行水派なので、とにかくチャチャっと洗って終わっていました昔は。。

頭皮 かゆみ シャンプー

でも、年齢を重ねるごとに気になるニオイやかゆみ。

そして、薄毛の悩み。

 

そこで、正しいシャンプーを勉強しました。

 

非常に勉強になった動画を紹介しますね。

 

 

  1. 1分間お湯洗い
  2. シャンプーを良く泡立てる
  3. 螺旋を描くように指の腹でシッカリと
  4. 生え際も忘れずに洗う
  5. うなじも忘れずに洗う
  6. 頭頂部を洗う時は指をクロスさせながら
  7. 頭皮をゆっくりと全体的に動かして洗う

 

ポイントは1分間とタイトルにあるように、最初の1分間でしっかりとお湯洗いをすること。

俗に言う『湯シャン』です。

 

その1分間で頭皮にお湯のバリアを作ることができます。

 

お湯のバリアはシャンプーの刺激を守ることにも繋がります。

 

プラス、毛穴の汚れも浮かしてくれますし、泡立ちが良くなるメリットも。

 

 

 

頭皮は全体的にゆっくりと動かすイメージがベストです。

更に詳しく正しいシャンプーの方法はこちらを参考にしてください。

女性の薄毛は正しいシャンプーを知らない為?80%のNG

 

すすぎが一番大事

洗う時間を1としたら、すすぎは2必要です。

シャンプーなどのヘアケア製品は、無添加ですと言われても頭皮に残して良いものではありません。

 

きちんとすすいがないと、かゆみのもとになります。

うなじや背中のニキビに悩んでいる人は、すすぎ残しが原因のこともあります。

 

きちんとすすぐ意識を持ちましょう。

こちらの動画も参考になります。

 

 

きちんと乾かす

眠たいからといって、タオルドライだけで寝る人がいます。

『タオルを巻いているから』

って言う人もいます。

 

どちらも最悪です。。

 

乾かさないのは頭皮を悪環境にするスピードを10倍以上早めているのと同じ行為です。

 

菌は湿気が大好きです。

 

ドライヤーできちんと乾かして寝るようにしましょう。

ヘアケア ドライヤー 乾かす

きちんと乾かして寝ることが、頭皮のかゆみをおさえるポイントです。

 

寝ている間に頭皮をかいている人は、特に乾かして寝る意識を持ちましょう。

 

洗いすぎ

わたしはベタツキ感が大嫌いだったので、1日に2回はシャンプーをしていました。

朝シャンと夜にシッカリとシャンプーをする。

 

夏に汗をかいた日は、夕方にもシャンプーをして寝る前にもう一度なんてことも。

 

洗いすぎは必要な潤いを奪ってしまい、かゆみのもとになることを知りませんでした。

 

スッキリとしたいなら、湯シャンでマッサージ程度にとどめることが良いです。

 

風呂上がりに頭皮の潤い不足を解消するローションでケアするのもおすすめです。

 

皮脂の残りって?

頭皮のかゆみ、湿疹や荒れが気になる人は要注意です。

特に秋冬は皮脂が地肌に残りやすい季節です。

 

皮脂が地肌に残るとやっかいなことが増えます。

  1. 残った皮脂が毛穴に詰まる
  2. 皮脂が大好きな菌が増殖する

 

皮脂の残りは洗いすぎでもすすぎ残しでも起こることなので、非常に難しい問題です。

 

だからこそ、正しいシャンプーの方法が大事です。

 

菌の増殖

菌は突然、頭皮に湧いて出てくるわけではありません。

頭皮環境が良い状態でも常在菌が存在しています。

常在菌

常在菌の主な種類としては表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などがいます。

 

かみ先生
バランスが崩れると厄介な存在になります。

 

頭皮環境が悪化し、常在菌のマラセチア菌は皮脂が好物なので、皮脂の残りが多いとドンドン増えてしまいます。

 

マラセチア金が異常繁殖すると、頭皮湿疹に。

症状がひどくなると、脂漏性皮膚炎で頭皮がベタベタとし炎症で赤みやかさぶたになります。

 

すべての始まりは、頭皮環境のバランスが崩れたことです。

 

感染症

感染症には真菌感染症の白癬(白いかさぶた)や細菌感染症の毛包炎(マラセチア毛包炎)、帯状疱疹などがあります。

 

感染症は自己判断が一番してはいけないこと。

 

白癬はペットから人への感染例が多いと言われています。

かみ先生
部屋の中でペットを飼われている方は注意が必要です。

 

かゆみから炎症、膿がしみ出した時はかなり進行しています。

 

細菌感染症や帯状疱疹も自分で判断して治癒できるというものではありません。

かみ先生
必ず専門のお医者さんに相談しましょう。

 

フケとかゆみの関係

どちらが先か微妙な問題です。

頭皮 かゆみ シャンプー

フケとは炎症を伴わない角質層の著しい剥離のことを指します。

 

フケが毛穴に詰まり菌の増殖がかゆみに繋がっているのか。

 

かゆみがトラブルの始まりで、フケを誘発して毛穴に詰まり頭皮のニオイや炎症になっているのか。

 

フケとかゆみ。

頭皮鱗屑(りんせつ)と瘙痒(そうよう)には殺菌剤ジンクピリチオン配合のシャンプーやリンスが効果的という発表もあります。

発表を詳しく読む人はこちらから

 

自分に合わないシャンプーを使っているなどが原因でかゆみを発症。

頭皮をかくので角質層が剥がれてフケに。

 

フケが増えると毛穴が詰まり常在菌も増殖。

頭皮環境は更に悪化します。

 

毛穴が詰まり菌も増殖。

すると頭皮湿疹に。

 

頭皮湿疹は最初にかゆみから始まります。

無意識に頭皮をかくので、炎症がひどくなり赤くただれてしまいます。

 

頭皮のバランスが崩れ炎症がひどくなり最後には脂漏性湿疹・脂漏性皮膚炎に。

 

そうなると、本当にツライ状況になります。

頭がかゆい。

髪はベタベタ。

頭皮はただれてしみ、膿がしみ出しているところも。

フケ 頭皮 かゆみ

 

かみ先生
そこまで悪化させないことが大事です。

 

ヘアカラー・白髪染めの影響は??

ヘアカラーや白髪染めは頭皮にダメージを少なからず与えます。

 

わたしではありませんが、新人の美容師さんがパッチテストをせずにヘアカラーをしたため、お客様の頭皮がものすごく炎症を起こしてしまったことがありました。

 

運が悪くいつものメーカーの新製品のヘアカラーを使ったことが、お客様の頭皮にダメージを与えてしまったようです。

 

同じメーカーのヘアカラーでも、このシリーズは問題ないのにこのシリーズは全く合わないということもあります。

 

皮膚・頭皮の主成分は『タンパク質』です。

 

タンパク質は厄介なことに、酸性でもアルカリ性でも刺激を受けて変性する性質があります。

 

特に市販のヘアカラーや白髪染めは注意が必要です。

 

ヘアカラーは2剤で染めるのがほとんどです。

1剤にはアルカリで分割して活性酸素を発生させる仕組みが。

 

その活性酸素が頭皮に残ると、かゆみのもとになります。

 

また、かゆみが刺激になり毛穴から脂質の過剰分泌を引き起こすこともあります。

 

最近のヘアカラー・白髪染めは安全性は高くなったのは事実です。

しかし、あなたに絶対に合うとは限りません。

 

使用する前に面倒でも目立たないところでパッチテストをおこないましょう。

詳しいパッチテストの方法はこちらを参考にしてください。

日本ヘアカラー工業会 パッチテストの手順

 

大丈夫だろうという油断が一番してはいけないことです。

 

 

正しいシャンプー選び

シャンプーを選ぶ時は、まずあなたの頭皮の状態を知る必要があります。

  • あなたの頭皮が少しかゆい程度なのか。
  • ベタベタして赤く炎症も起こしている状態なのか。
  • フケがひどい状態なのか。

かゆみはあるが、頭皮の炎症は起こしていない人

ふさ子
低刺激のシャンプーを選びましょう。

通常のシャンプーに重曹を混ぜるやり方もあります。

 

1万人以上の頭皮を見尽くしたヘアケアの専門家と共同開発した『haru』はおすすめです。

100%天然由来成分で、天然精油配合のおかげでダメージヘアをコーティングしてくれます。

きしまないエイジングケアシャンプー

かゆみが強い、軽い炎症もある人

薬用シャンプーがおすすめです。

  • オクト
  • メディクイックH
  • 太陽のさちEX 薬用 コンディショナーインシャンプー
  • LOHACO
  • コラージュフルフル

といった薬品メーカーが発売しているシャンプー。

 

フケがひどい人

フケがひどい人も薬用シャンプーがおすすめです。

頭皮ローションも併用して使うとより良いです。

  • オクト
  • メディクイックH
  • 太陽のさちEX 薬用 コンディショナーインシャンプー
  • LOHACO
  • コラージュフルフル

 

頭皮ローションはミルボン(MILBON)さんをおすすめします。

ミルボン(MILBON)オージュア エイジングスパルートエッセンス

 

 

忘れるな食生活の改善

シャンプーや頭皮ケアローションは、外側からのケアです。

内側からのケアも同時にする必要があります。

 

いくら良い薬用シャンプーを使っても、食生活が乱れまくり・睡眠不足・運動不足では。。。

 

食生活はビタミンAやビタミンEをとる意識を持ちましょう。

肌の乾燥や老化を防ぐ効果があると言われています。

海藻類 髪に良い

潤い不足を補うには、女性ホルモンと化学式が似ていると最近判明した大豆イソフラボン。

お豆さんを意識して食べるようにしましょう。

 

飲み会では、唐揚げ・ポテト・えいひれ。。

これでは頭皮もボロボロになりかねません。

 

せめて、頭皮に優しい豆腐。

枝豆や筑前煮。

 

食生活の改善のポイントは

まごわやさしい

です。

ふさ子

ま=豆

ご=ごま

わ=わかめ

や=野菜

さ=魚

し=しいたけ

い=いも

 

昔の日本人が食べていたものを食べるようにすれば良いイメージですね。

 

忘れるなマクラのことを

枕を洗わない。

枕を天日干ししない。

質の良い睡眠

日本人で枕をちゃんと干していますか?という人は、意外と多いです。

 

わたしも枕を干すのは1ヶ月に1度くらいです。。。

お恥ずかしい。。。

 

枕や布団にはダニがものすごく快適に過ごしていることを知っていますか?

 

テレビで見たことがある人も多いと思います。

 

本当に恐ろしい数のダニが生息しています。

 

その上で、わたしは寝ていたんですね。。

 

枕はきちんと干す。

布団もきちんと干す。

 

ダニを吸う掃除機できちんと処理をする。

 

大事なポイントです。

 

 

おわりに

頭皮のかゆみは、後に起こり得る脂漏性湿疹や脂漏性皮膚炎。

薄毛のトラブルの信号です。

 

頭皮の保湿を意識して、清潔に保ちましょう。

 

 

 

 

-シャンプー

Copyright© 女性の薄毛をケアする新常識 , 2018 All Rights Reserved.